2016年シャスタツアーBグループのレポートさせていただきます。

●シャスタツアー1日目● 9月7日(水)

Aグループの皆さんをサンフランシスコ空港に見送ったあと、Bグループの皆さんを出迎え。
現地ガイドの井崎さんの車で、5時間半の運転で、約500キロ離れたシャスタへ。
まずは、サンフランシスコまで続くサクラメント川の源泉である、サクラメントヘッドウォーターへ行って、水汲みをします。

手が凍るのではと思うくらいとても冷たい水なのですが、マウントシャスタの雪解け水が数百年かけてここから湧き出てているとも言われています。

シャスタ滞在中の飲料水は、この水を使います。



0907サクラメント水くみ
みんなで水汲みをしています。

素晴らしいBグループの旅のスタートです。


●シャスタツアー2日目● 9月8日(木)

マウントシャスタは、朝もやに包まれています。
肉眼では見えるのですが、写真には写りませんでした。
代わりに、宿泊先のエンジェルハウスの写真です。

0908エンジェルハウス


この日は、メディスンレイクに行く予定でしたが、サウスゲートに行きたいという声が強く、メディスンレイクでのキャンプを1日減らして、地上の楽園のサウスゲートに行きます。

まずはローワーパンサーメドウへ。

0908ロウアーパンサーメドゥ


その後、アッパーパンサーメドウを訪れました。

0908アッパーパンサーメドゥ


アッパーパンサーメドウで、受け取ったメッセージ。
『すべての始まりはあなたからである。あなたはすべての源泉なのた。怒りからは怒りが、悲しみからは悲しみが、平和からは平和が、喜びからは喜びが生まれる。あなたの心がすべての源泉なのだ』

そして、サウスゲートへ。

0908サウスゲート滝

天空から流れ落ちる滝を見ながら登り、

0908サウスゲートお弁当

サウスゲートメドウの湧き水で入れたお茶とともにお弁当をいただき、その後、たっぷり45分間の昼寝を楽しみました。
最高に気持ちの良い昼寝でした。

0908トレッキングを終えて
5時間半のトレッキングを終えて記念撮影。


●シャスタツアー3日目● 9月9日(金)

朝のマウントシャスタです。
少し朝もやに包まれています。

0909朝のシャスタ

3日目は、午前中にバーニーの滝に行ったあとに、メディスンレイクに1泊2日のキャンプ行きます。

0909バーニーの滝
光に満ち溢れているバーニーの滝


0909バーニーの滝の岩
さらにオーブも翔んでいるバーニーの滝

滝を堪能した後、車でメディスンレイクへと向かいます。

癒しの湖である『メディスンレイク』で沐浴をしない手はありません。
参加者の一人は『背中から記憶がどんどん消えていくのがわかる』と言ってました。普通の湖ではないのです。

0909メディスンレイク沐浴

そして夕方、メディスンレイク近くの秘密の場所からマウントシャスタの夕陽を見ました。

0909サンセット

そこで受け取ったメッセージ。
『あなたは愛されている。あなたは守られている。すべてを持っている。これ以上いったい何を望むのか。あなたは完璧な存在なのだ』


真夜中にメディスンレイクにカヌーを浮かべて星空の鑑賞をいたしました。
そこで見てしまったのがUFOです。昼間からUFOに記憶のフィルターを当てていたから、当然かもしれません。
でも、それ以上に印象に残ったのが、真っ暗闇の湖面でカヌーを漕ぐことです。しかも、メディスンレイクで!!
とても不思議な感覚がありました。

0909夜のメディスンレイク
漆黒のメディスンレイク。


●シャスタツアー4日目● 9月10日(土)

今日は、癒しの湖のメディスンレイクのキャンプの2日目でした。
メディスンレイクは、『メディスンマン』と呼ばれているネイティブアメリカンのシャーマン達が現在もトレーニングをしている聖なる湖です。
標高2400メートルにあるので、夜明けは9月であっても、零度近くになることがあります。
6時に起きて、メディスンレイクのご来光を仰ぐボイントまで歩きます。
今朝は、予想以上に暖かく快適でした。
まずは、ご来光を楽しみます。

0910メディスンご来光

0910メディスンご来光2

気温が高いせいか、霧はなく、快晴で、ご来光を阻むものは何一つありません。

メディスンレイクのご来光で、受け取ったメッセージ。
『あなたは誰か。何者なのか。それはあなた次第だ。あなたの自由なのだ。自分の思うがままに好きな人生を歩めばよい』

ガイドの井崎さんの手製のにゅうめんをいただいて、

0910河合先生


心身ともに温まった後、メディスンレイクで、カヌーを楽しみました。

井崎さんが対岸に桃色の花が水中から咲いている不思議な場所があると教えられ、カヌーでいくことにしました。
すると今まで見たことがない光景が広がっていましした。
水上の楽園です。

0910メディスンレイクの花

0910メディスンレイクの花2

ランチのあと、メディスンレイクに別れを告げ、ペイネススプリング、ジョットディーンケイブ、マクロードのミドルの滝などを訪問いたしました。

0910ペイネススプリング
サウスゲートのミニ版のようなペイネススプリング

0910ジョットディーンケイブの氷河
ジョットディーンケイブの氷河

0910ジョットディーンケイブにて
ジョットディーンケイブにて

0910マクロードのミドルの滝
マクロードのミドルの滝

0910マクロードのミドルの滝2


●シャスタツアー5日目● 9月11日(日)

0911朝のシャスタ
今朝のマウントシャスタです。

最初の頃よりも、少し雪が溶けて減ってるように感じますが、わたしの気のせいでしょうか。

今日はシャスタで最も有名なパワースポットのハートレイクに、キャッスルレイクから昼食をいれて往復3時間のトレッキングに行きました。
午後からは、100年以上前に発見されたスチュアートミネラル温泉で、ゆっくりと温泉を楽しみました。

まずは、シャスタで最も有名なパワースポットのハートレイクへ。


0911キャッスルレイク
こちらの写真は、ハートレイクのトレッキングのスタート地点のキャッスルレイク(標高1630m)です。

0911ハートレイク手前の景色
ハートレイク手前の丘からの絶景。
(シャスタ、ブラックビュート、キャッスルレイクが見えます)


0911ハートレイクとシャスタ
ハートレイク(標高1818m)とシャスタ

快晴ばかりでつまらないので、『雲の1つぐらい出して!』と頼んだら、すぐにハートレイクに雲が現れました。

0911ハートレイク雲


ハートレイクは有名になりすぎて、訪れる人が多いので、実はあまり期待していませんでした。
しかし、そこはハートレイクの凄いところです。
ハートレイクに到着し、みんなで自愛メソッドをしたところ、騒がしい観光客が静かになったり、帰り出したりしました。
そして、ハートレイク(湖というより池ぐらいの大きさです)の湖畔を1周しようと歩いていると、突然光が降りて来て、湖面がキラキラとし始めるではありませんか。
すると『今、写真を撮れ!』という声がしたのです。
そこで、撮影出来たのが、この写真です。
太陽から光の剣が降りて来て、ハートレイクに突き刺さっています。
湖面がキラキラと光り、剣のエネルギーが球円状に広がっています。

0911ハートレイク


そのハートレイクで、受け取ったメッセージ。
『何も恐れることはない。心を開くのだ。全開に開くのだ。すべてを受け入れよ』


0911河合先生
この写真は、スタッフの陽子ちゃんに、彼女が感じるエネルギーのポイントで、撮影してもらいました。
そこで、わたしも光のエネルギーを感じ、写真を撮ったら、光の剣がハートレイクに突き刺さる写真が撮影出来たのです。


夕方からは、スチュワートミネラル温泉を楽しみました。
強アルカリのミネラル温泉、サウナ、清流の3つを順番に入っていきます。
まず、個室のミネラル温泉に浸かります。
身体も心も癒されていくのを感じます。
続いてサウナに入ります。
ここのサウナは混浴ですが、薪のストーブなので、優しい感じがします。
外国人の多くが男性、女性問わず、全裸になるので、面白いです。
サウナを出たら、横を流れる小川に入ります。本当の川なので、魚もいたりしますが、水温はかなり低いです。
様々な記憶が剥がれ落ちる感じがして、小川から出ると、スッキリしてシンプルになっている自分に気づくことでしょう。


●シャスタツアー6日目● 9月12日(月)

昨日、一昨日に引き続き、今日も、皆さんに衝撃的な写真をご紹介いたします。
ご自由にシェアをなさってください。
(心霊写真みたいになってしまったので、ご注意ください)

ただ、このシリーズは、今日でしばらくお休みにします。
日増しに衝撃が強くなるような映像が撮影されてしまうので、こういう世界からは方向転換したいのです。
わたしは、美しく豊かな世界を創造します。

今日は、シャスタの白糸の滝と呼ばれているモスブレイの滝に行って参りました。
別名禁断の滝とも呼ばれているモスブレイの滝は、鉄道の線路の上を30分ほど歩く必要があります。
今日は、行きも帰りも汽車には、遭遇しませんでした。

モスブレイの滝は、詫び錆びの世界というか、幽玄の世界というか、少しもの悲しさを感じさせる滝です。
今朝のモスブレイの滝は、1週間前の姿とは変わり、肌寒さを感じ、わたしが寒くて震えるほどでした。

30分ほどモスブレイの滝で過ごしたところで、ある参加者に滝の前に座ってもらい、うしろ姿の写真を撮りたくなりました。
そこで、撮影出来たのが、この写真です。
一人のはずが二人になっています。

0912モスブレイの滝

しかも、よく見ると、左側の人は、お尻から下がありません。
あとで聞くと、その時『シャスタから帰りたくない』と考えていたそうです。
それで写真が、二人になったのでしょう。

そして、よく見ると、たくさんの人間の顔のようなものが見えます。(右側の人の腰から下にかけて)
地面から浮いているので、石ではありません。

わたしが想像するには、ここは、とても神聖な場所で、様々な儀式が行われていたような感じがします。
その1つが葬儀ではないかと思うのです。

皆さんは、何を感じられるでしょうか?

0912モスブレイの滝2

そのモスブレイの滝で、受け取ったメッセージ。
『今の状況を変えたければ、記憶を癒すことも大切だが、あなたが行動をすることも必要だ。山が動かないなら、あなたが山に向かって歩けばいいのだ』


午前中にモスブレイの滝を出て、シャスタに別れを告げ、サンフランシスコにガイドの井崎さんの車で移動しました。
フィッシャーマンズワーフからユニオンスクエアまで、ケーブルカーを楽しみました。

0912ケーブルカー2

0912ケーブルカー

打ち上げは、恒例の海鮮の中華料理のフルコースです。

0912中華料理


こうしてBコースのツアーも無事に完了いたしました。

「本当に来て良かったです。シャスタに滞在している間に、自分の内面がよい塩梅に仕上がりました。」
「シャスタは、いるだけでいろいろなものがそぎ落とされる特別な場所ですね」

と、参加者のみなさんからも、絶賛のお声をいただきました。






応援お願いします
↓↓↓↓↓↓↓

哲学・思想ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ




■facebook「自愛メソッド公式ページ」
https://www.facebook.com/jiaimethod

■facebook「河合政実公式ページ」
http://www.facebook.com/tontonponopono

■メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001422630.html

■YouTube「自愛チャンネル」
http://qq2q.biz/lUKG

■Androidアプリ「自愛メソッド」(月額324円)
http://qq3q.biz/lUL6

■ツイッタ―
https://twitter.com/tontonponopono

■自愛塾スケジュール
http://bit.ly/1dhKN5V

■「【自愛塾】自分を愛する教科書」トップページに戻る■
関連記事
スポンサーサイト
2016.10.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://luckyfortune.blog89.fc2.com/tb.php/977-41335724