2016年シャスタツアーAグループのレポートさせていただきます。

●シャスタツアー1日目● 9月1日(木)

わずか3名という大変贅沢なツアーが始まりました。
成田から8時間半のフライトで、サンフランシスコに到着。
現地ガイドの井崎さんの車で、5時間半の運転で、約500キロ離れたシャスタへ。
まずは、サンフランシスコまで続くサクラメント川の源泉である、サクラメントヘッドウォーターへ行って、水汲みをします。
シャスタ滞在中の飲料水は、この水を使います。


キャッスルクラッグス2015

上の写真は、昨年登頂したキャッスル・クラッグス。
参加者の希望で、ブラックビュートの登頂を取りやめ、キャッスルクラッグスの登頂に変更することにいたしました。(Aコースのみ)
参加者が少ない(実質1名)ので、ご要望に応えて、こんなことも可能なのです。
そして、明日は、定番のハートレイクに行くのを止めて、秘密のパワースポットに行くことになりました。

下の写真は、宿泊先のエンジェルハウスの部屋です。
3人しかいないので、皆さん個室です。
さて、わたしの部屋はどれでしょう?

エンジェルハウスお部屋


エンジェルハウスお部屋2


エンジェルハウスお部屋3



●シャスタツアー2日目● 9月2日(金)

0902朝のシャスタ山
朝のマウントシャスタです。
今日は、定番のハートレイクに行くのを止めて、秘密のパワースポットに行きます。

まずは、シャスタの聖なる湿地帯であるローワーパンサーメドウ、アッパーパンサーメドウに行きました。

0902パンサーメドゥ

ローワーパンサーメドウは、2年ぶりに訪問させていただきましたが、イメージが全く変わりました。
2年前に行ったときには、水が枯れ、エネルギーもあまり感じませんでした。
今回は、水がしっかりと流れ、周囲のお花もとても綺麗でした。清々しいエネルギーが充満していました。



0902サウスゲート3


続いて、アッパーパンサーメドウへ行きました。

そのアッパーパンサーメドウで、受け取ったメッセージ。
『恐れることはない。自分を信じて真っ直ぐに歩くのだ』



0902山
サウスゲートへのトレイルの入口にて

さて、午後からは、定番のハートレイクに行くのをやめて、サウスゲートメドウに行くことにしたのです。

『サウスゲート』は、シャスタの南側の登山口の中腹にあります。

ガイドの井崎さんの情報では、そのサウスゲートメドウに、天空から流れ落ちる滝があると言うのです。
そこで、昼食を含めて5時間を駆けて往復トレッキングを行いました。


0902サウスゲート1

『サウスゲート』は、聖地シャスタの秘境中の秘境と言う人もいて、選ばれた人しか行けないと言われています。
まずは、サウスゲートについて驚いたのはエネルギーの平和さです。

お花に囲まれて、清流が流れて来ます。
まるで天国にいるみたいです。

0902サウスゲート2



そして、さらに歩くこと10分。
サウスゲートメドウの天空の滝に到着いたしました。

サウスゲート5


ここで、お弁当をいただいたのですが、エネルギーの強さに、時々頭がくらくらします。
たくさんプラーナ(宇宙エネルギー)を受け取ったせいか、すぐに満腹に。
夜ご飯もいらないと思えるくらいの満足感でした。

湧き出るお水をいただいたのですが、水が甘くそして力強い。
こんなパワフルなお水をいただいたのは初めです。

サクラメントヘッドウォーターのお水も素晴らしいのですが、比較にならないほどエネルギーに満ち溢れています。
シャスタでさえもまだまだ認知されていませんが、その中でサウスゲートのことを知っている人はさらに少なく、訪問したことがある人は、皆無に近いと思います。


今後のとんとんシャスタツアーでは、「サウスゲート」は定番にしたいと思うほどの超パワースポットです。
「サウスゲート」は、いわば地上の天国です。

悲しみを喜びに、苦労を楽に、辛かった人生を楽しい人生に、転換する扉のある場所なのです。

そのサウスゲートメドウで、受け取ったメッセージ。
『今、最高の人生の扉があなたの前に開く。考えることをやめて、インスピレーションのまま前に進みなさい』




0902アセンションロック


最後に、アセンションロックに行きました。

そこで、陽子ちゃんに写真を撮ってもらったのですが、光がたくさん入っています。

0902河合先生とミカさんと光



本当に凄い1日でした。

お腹の満腹感が半端でなく、シャスタで初めてレストランに行きませんでした。
参加者の方からわずか半日で満足感に満たされたと言われました。



●シャスタツアー3日目● 9月3日(土)

3日目は、癒しの湖のメディスンレイクの日帰りキャンプです。
メディスンレイクは、『メディスンマン』と呼ばれているネイティブアメリカンのシャーマン達が現在もトレーニングをしている聖なる湖です。
標高2400メートルにあるので、夜明けは9月であっても、零度近くになることがあります。

4時に起きて、メディスンレイクに向かうと、今朝は、湖畔に霜が降りていました。
まずは、ご来光を楽しみます。

湖面は霧に覆われ、朝日は雲に遮られ、今朝はご来光は厳しいかなと思っていましたが、自愛メソッドインフィニティを行い、目を開くと、霧が晴れ、太陽を遮っていた雲がみるみると移動していくではありませんか。
今までに見たことがないような、幻想的な夜明けとなりました。

0903メディスンレイクご来光1


0903メディスンレイクご来光


メディスンレイクのご来光で、受け取ったメッセージ。
『自分のなかにある感情をしっかりと感じなさい。感情を押さえ込まず、吐き出しなさい。あなたが感情を閉じ込めている限り、あなたは解放されないのだ』

ガイドの井崎さんの手製の鳥うどんをいただいて、心身ともに温まった後、メディスンレイクで、カヌーで魚釣りを楽しみました。
小学生以来の魚釣りでしたが、私がニジマスを一匹釣り上げました。

井崎さん特性のステーキどんぶりのランチをいただいた後、お楽しみのメディスンレイクでの沐浴です。
今回は、井崎さん、井崎さんのアシスタントのかつらさんも、一緒に沐浴を楽しみました。

0903メディスンレイク沐浴


メディスンレイクで沐浴をすると、一瞬にして様々な記憶が癒されていきます。
参加者のミカちゃん曰く『背中から全身が浄化された感じがする』とのことです。

焚き火で身体を暖めたあと、キャンプ場の対岸にあるクリスタルスプリングという湧き水を汲みに行きました。
対岸まで車で移動し、そこから片道で約45分のトレッキングで、メディスンレイクを見下ろす森のなかにある、クリスタルスプリングに到着しました。

0903森のとんとん先生

0903クリスタルスプリング


0903クリスタルスプリング2


0903クリスタルスプリング3


ここの水は、名前の通り透明感のある水で、飲むと眠くなります。
エネルギーが強いせいか、足元が揺れ、最初は地震が起きたのかと勘違いしたほどでした。



井崎さん特性のインドシュリンプカレーの夕食のあとは、お待ちかねのメディスンレイク近くの秘密の場所からサンセットを楽しみました。
シャスタまで約60キロ離れていますが、見渡す限り人家の明かりはありません。
標高2800メートルの秘密の場所からの夕日を堪能いたしました。

0903夕陽

夕暮れシャスタ

ミカちゃん曰く『とんとんさんのシャスタツアーは1日で、他のツアーすべてと同じくらい濃い』と誉められました。


●シャスタツアー4日目● 9月4日(日)

この日は、女神と聖霊が宿るバーニーの滝を訪問し、午後からは、スチュワートミネラル温泉で、サウナと小川の清流を楽しみました。

まずは、カルフォルニアで一番美しい滝と呼ばれているバーニーの滝へ。

今日は、アメリカでは三連休の最終日ということで、バーニーの滝は、駐車場に入るのに車が列を作って待っているほど混んでいました。
人は、今までに経験がないほど多かったですが、さすがバーニーの滝です。

たっぷりのマイナスイオンと光の波動で私たちを歓迎してくれました。

0904バーニーの滝



バーニーの滝で、受け取ったメッセージ。
『心をすべて解き放て。心の赴くまま気の向くまま進むのだ。あなたの歩む道に間違いはない』


午後からは、スチュワートミネラル温泉を楽しみました。

ここのサウナは混浴ですが、薪のストーブなので、優しい感じがします。
外国人の多くが男性、女性問わず、全裸になるので、面白いです。

サウナを出たら、横を流れる小川に入ります。本当の川なので、魚もいたりしますが、水温はかなり低いです。
様々な記憶が剥がれ落ちる感じがして、小川から出ると、スッキリしてシンプルになっている自分に気づくことでしょう。

0904温泉
スチュワートミネラル温泉の小川

0904温泉2
スチュワートミネラル温泉の小川の上流

0904記念撮影
スチュワートミネラル温泉にて

0904ブラックビュート
ブラックビュート


●シャスタツアー5日目● 9月5日(月)

今日は、シャスタで最も神秘の山と言われている、キャッスルクラッグスの登頂を往復7時間のトレッキングをかけて、いたしました。

登頂の前半は森の中をひたすら歩いて行きます。
この森がとにかく素晴らしいのです。
木々が愛に道溢れています。
そこらじゅうに光が降り注ぎます。

0905キャッスルクラッグス5



6号目付近にある『神々へのゲート』と私が名付けた岩の門を越えると、今度は、奇岩、奇壁の連続です。
波動も変わって来ます。さらに軽く、そして神々しいものにシフトします。

0905キャッスルクラッグス4


0905キャッスル河合先生3
6号目にある神々へのゲートにある巨岩で休むとんとん。
この岩からは、凄いエネルギーが出ているので、毎回寝ころがります。


そして、8号目の人間の顔をした奇岩辺りからさらに波動が軽くなり、まさに神域に入った感じがします。

0905キャッスルクラッグス3


0905キャッスルクラッグス2



0905キャッスルクラッグス1
キャッスルクラッグス頂上

頂上では、自愛メソッドインフィニティを行い、キャッスルクラッグスの神々しくパワフルなエネルギーを受けとりました。

そのキャッスルクラッグスで、受け取ったメッセージ。
『神々の国へようこそ。神とは何か。あなたのことである。あなたとは何か。宇宙のことである』


さあ、今度は下りです。

0905キャッスル河合先生2
キャッスルクラッグスを降りるとんとん。


キャッスルクラッグスの5合目付近にはインディアンの泉と呼ばれている湧き水があります。
冷たい湧き水ですが、パワフルで治癒力のある水です。

0905キャッスル湧き水
インディアンの泉

0905キャッスル河合先生
インディアンの泉で、水汲みをするとんとん。


4合目付近から土の道となり、杉や松の葉っぱが落ち葉となっているので、裸足で歩くことにいたしました。
キャッスルクラッグスの地面のエネルギーをしっかりと感じることが出来ました。



こんなに素晴らしいキャッスルクラッグスですが、ほとんどの人に知られていません。

シャスタツアーで、キャッスルクラッグスを訪問するツアーは聞いたことがありません。

とんとんツアーならではの、ありえへんツアーだからこそ、出来ることなのです。


●シャスタツアー6日目● 9月6日(火)

楽しかったシャスタツアーも、シャスタでは今日が最終日。

まずは、シャスタの白糸の滝と言われているモスブレイの滝へ。

この滝は、別名禁断の滝とも呼ばれています。
それは、線路の上を往復1時間ほど歩く必要があるからです。
汽車が来たら、線路から退避する必要があります。
そこで、わたしが後ろを警戒しながら、最後尾を歩きました。

0906線路


そんな苦労も吹き飛ばすほど、この滝は素晴らしいのです。
詫び錆びの世界というか、幽玄の世界というか、日本人の心にも通じる何かがあるのです。
小さな渓谷にあるので、陽の光が当たらず、寒いはずなのですが、どこからともなく、暖かい風が吹いて来ます。

0906モスブレイの滝



そのモスブレイの滝で、受け取ったメッセージ。
『苦悩の原因は何か。それはあなたが期待をすることから始まる。期待とは何か。それは執着である。執着を手放し、すべてを宇宙に委ねなさい。そうすれば、あなたは瞬時に苦悩から解放されるだろう』

さて、帰りですが、ついに汽車がやって来ました。

0906列車

坂が急なので、機関車が4両もついています。
鉄道マニアなら、涎が出る撮影場所なのでしょうね。



0906サンフランシスコ
サンフランシスコの街

0906ケーブルカー
サンフランシスコのケーブルカー


こうして、3名の贅沢なツアーは完了しました。
素晴らしい旅でした。




応援お願いします
↓↓↓↓↓↓↓

哲学・思想ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ




■facebook「自愛メソッド公式ページ」
https://www.facebook.com/jiaimethod

■facebook「河合政実公式ページ」
http://www.facebook.com/tontonponopono

■メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001422630.html

■YouTube「自愛チャンネル」
http://qq2q.biz/lUKG

■Androidアプリ「自愛メソッド」(月額324円)
http://qq3q.biz/lUL6

■ツイッタ―
https://twitter.com/tontonponopono

■自愛塾スケジュール
http://bit.ly/1dhKN5V

■「【自愛塾】自分を愛する教科書」トップページに戻る■
関連記事
スポンサーサイト
2016.09.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://luckyfortune.blog89.fc2.com/tb.php/952-634bc881