人生を成功せる最大の秘訣は自分を愛すること=自愛なのです。
自愛メソッドは、自分を愛することで人生を成功に導くメソッドです。


大河内悦子さん



「遅れて届いた父からのラブレター」

自愛塾シニアトレーナー、カウンセラー
 大河内 悦子

わが家は父、母、4人兄弟(兄、私、弟2人)の6人家族。父は3人兄弟の末っ子、いつからか共同経営する工場から帰ってくると、酒を飲み暴れるようになりました。

兄が最初に捕まり殴られ始めると、わたしとすぐ下の弟は裸足で外へ逃げます。そのまま近所の公民館や工場の隙間に潜り込み、息をひそめて隠れます。父に見つからないように。寒い冬の夜、星を見ながら「なんでこんな家に生まれてきたのだろう」と思っていました。生きるのがつらかった。父が酔って寝てしまうと母が呼びに来て家に戻ります。誰かが父に刃向うと他の家族がとばっちりを受けます。そのため母からは「我慢しなさい」そう言われていました。「兄弟全員が優秀」と近所でも評判のわが家の実態はこれ。友人の誰にも言えず、家にも学校にも居場所がなかった。
 
そのうえ娘のわたしは、10歳頃、父から何度か性的いたずらをされました。当時は家族6人が川の字に寝て、母が朝ご飯を作りにいなくなると、父はわたしの布団に潜り込み、わたしの下部を触り、自分を押しつけてきました。わたしは何をされているのかわからず凍りつき、寝たふりをするしかありませんでした。そのうち初潮を迎えてそれはなくなりましたが、その後も父はわたしにセクハラのようなことをしてきました。なんで女に生まれたのだろう。自分が汚された思いと、女性である自分が嫌でした。
父も母も嫌い、実家も嫌い、でも逃げ出す勇気はありませんでした。

こんな家族ですから、私の兄弟はバラバラです。
わたしも結婚することで実家から逃げ出します。夫は父と正反対、怒鳴ることもない温厚な人、2人の可愛い娘にも恵まれ、やっとわたしの居場所ができました。遠方に住んでいましたが20年前、ある事情で故郷に戻り、実家の土地に家を建てて住むことになりました。少しは変わったかと思っていましたが、2人暮らしの父母は相変わらず喧嘩が絶えません。
 
わたしは実家の土地に家を建てたことで負い目があり、両親の夫婦喧嘩の仲裁に呼び出されるのです。「母を引き取れ」と父から電話がかかり、母を連れて我が家に泊めたこともあります。実家に救いがない母は、我が家を駆け込み寺代わりに使います。娘のわたしに甘えていたのでしょう。でもそれが重かった。わが家の鍵を持っていた母は勝手に入り、仕事で帰るとリビングでくつろいでいたり、洗濯物や台所を片付けたりしています。思い余って「やらないでいいから」と言ってもわかってくれません。
 
たまに兄弟が帰省すると父と必ず喧嘩して帰って行くので、あるときからは兄弟家族が帰省する度、仲介役として駆り出されました。良い娘を演じ、家族がうまく回る役割をずっと背負ってきた気がします。でも自分はどんどんすり減って行きました。
 
4年前実家が火事で全焼、父が亡くなります。助け出された母は1か月入院。退院後の母の受け入れ先を兄弟で話し合うことになりますが、誰も手を上げず・・・。母の精神的ケアも考え、結局、わが家が受け入れ先になりました。でもそれからわたしの苦悩の日々が始まるのです。とうとうわたしは自分の家に帰れなくなりました。
 
自分を変えようといろんなセミナーに行きますが、家に戻ると変わらない現実。セミナーはただの気晴らしにしかなりません。違う環境で育った夫にはわたしのこの状態は理解できるはずもなく、心許せる友人は「依存だから」とわたしの元を去り、わたしは途方にくれました。
 
そんなある日、母と娘とわたしの3人で温泉に行ったとき、わたしは母の背中を洗うことができなくなっていることに気づきました。母に触れないのです。「もう無理だ・・・」
 
そんな時に河合さんの「自愛塾の講演会」が名古屋であると情報を見つけました。「自分を大切にしなさい」そんなメッセージが浮かんでいたわたしは「これだ!」と思い参加します。手を挙げ「母との同居がつらい、別居したいが親不孝娘になるのが怖い」とシェアすると「親孝行しましたね」「家族には家族の人生がある。心配することはありません」河合さんに言われ、「え~親孝行?!このわたしが?」とびっくりします。自分をずっと責め続けていたわたしは許されたと涙しました。いつも自分を後回しにして、人の役に立つことで自分に価値をつけてきたわたし。でも、わたしのなかの小さなわたしは悲鳴をあげていました。自分を大切にしてなかったのです。それからわたしは自分と向き合うことを始めます。
 
そのときちょうど大阪で『エグゼクティブセミナー』があり、そのまま参加することにします。わたしにとっては冒険でした。「ぼろぼろになった自分を何とか建て直して、自分の道を見つけたい」藁をもつかむ思いでした。同時に河合さんの1DAYセミナーやとんとんカフェ、講演会のコーディネーターもさせていただく機会をいただきました。
 「コーディネーターは、参加者の記憶とつながる自分の記憶が加速度的に湧きあがるので、きついこともあるけど、クリーニングが済んだらすっきりするよ!」
河合さんにそう言われ、チャンスだと思いやってみることにしました。
 
大阪の『エグゼクティブセミナー』では、自分の人生のほとんどが両親との関係に基づいていると知りました。男性は父の記憶、女性は母の記憶、両親のクリーニングをしなさいと言われました。自分で思い当たることばかり、さっそくクリーニングを始めました。
 
『エグゼクティブセミナー』で半年間両親のクリーニングを続け、1DAYセミナー、とんとんカフェのコーディネーターをし、一つ終わる度に自分の自信が戻ってきます。友人が言い残した「依存」とは自分の無価値観を他で埋めようとすることでした。自分を後回しにして他に尽くし評価されても、自分はどんどんすり減るだけ。わたしのなかの小さなわたしは悲鳴をあげていました。でも本当は誰かの評価ではなく、ありのままの自分を認め、自己価値、自己肯定感をあげればよかった・・・。河合さんはいつもわたしを100%完全な存在として見守ってくださいました。それはまるで本当の親のようでした。
 
同時に母は一人暮らしを始めます。母は75歳、一人暮らしは初めて。別居の話が出たとき、母は「捨てられる」と泣き、親不孝娘と思われるという不安がまた出ました。クリーニングすると「母は100%完全、私も100%完全、だから大丈夫」と声がし、それぞれが自立への道を歩きます。すると母は一人暮らしを満喫し楽しそうです。「一人暮らし=不幸」から「自由への選択」へと書き換えられたのです。実際、母はわたしたちと暮らすことで我慢をしていたようでした。クリーニングが進んだのか母との関係もずいぶん穏やかになりました。
 
大阪での『エグゼクティブセミナー』が終わり、東京で『トレーナー養成セミナー』が始まりました。すると申し込みをしたものの何度かやめたくなるわたしが出ます。今までの人生もこのパターンが起こり、仕事も友人関係も順調なのに途中で壊す癖がありました。セミナーのとき「この原体験は何?」自分に投げかけておいたのです。

 『トレーナー養成セミナー』初日から戻った次の朝、その映像が浮かびました。
それは中学1年生の子供会のお泊りキャンプ。わたしは兄と父と参加しました。
父は父兄として、バーベキューの支度などがありました。初めてのキャンプで楽しく帰ってきたわたしは、父にいきなりぼこぼこ殴られます。一体何が起きたのかわかりませんでした。父はわたしの頭を拳骨で殴りながら「なぜ手伝わなかったんだ!疲れてるのにお前たちのせいで休みに駆り出されて」母は泣きながら「お前が悪い!」と助けてくれません。そう言えば兄は父の顔色見て手伝っていたことに気づき、「ごめんなさい、ごめんなさい」とわたしは頭を抱えながら謝るしかありません。
 
この出来事が、わたしは楽しんではいけない、自分がやりたいことを後で止める原因になっていたことに気づきました。
でも「わたしが自分を止める癖は他の家族が殴られないように守るため、わたしは優しかっただけだ」とわかり、それと同時に「母は守ってくれなかったのではなく、これ以上家族が殴られないように父に抵抗しないことで守ってくれていたんだ」と気づいたのです。
 
母の愛と自分の愛に気づいた瞬間、わたしは声をあげて泣きました。
「もう終わったんだよ!自由にしてもいいよ」そう許可したら自分でやりたいことがやれるようになりました。
 
それからわたしは自分がやりたいことを止めなくなりました。この出来事を後に母に話すと「いつかわかってくれる日が来ると思っていた」涙ぐむ母がそこにいました。実は母も苦しんでいたのです。
 
11月は河合さんと高山鮎香さんのコラボ講演会。
コーディネーターのわたしは母を誘うことを思いつきました。母は快諾。当日の朝、母にラブレターを書いて読もうと浮かび、直前に書き上げました。河合さんに会ってそれを話すと、同じこと思っていたとのこと。サプライズにしたいので、ラブレターのことは母には内緒で講演会が始まりました。そして母と前に出てわたしが生い立ちを話し出すと、母は当時を思いだし涙、わたしも涙、会場もほぼ全員が涙。そして、ラブレターを読み、その場で母と大人になって初めてハグできました。
 
これがきっかけで、わたしは素直に母に甘えられるようになりました。それまで「ばあさん」としか呼べなかったわたしが、その日を境に再び素直に「お母さん」と呼べるようになったのです。
そして自愛を続けた12月、とんとんカフェの会場へ事前クリーニングに行った冬至の前にそれは起こりました。心に引っ掛かるものを感じながら『自愛メソッド』をし続けたとき、その映像が浮かびました。
 
保育園の運動会、母の手を握り甘えていたわたしの写真。その時「この写真は誰が撮ったの?」と声が聞こえました。
「あっ!」
急に号泣しそうになるのをこらえ、家にすぐ戻り写真を探すと、甘えているわたしの手を握り、カメラに向かう母は笑顔でした。そしてカメラを構え幸せそうに笑っていた父がそこにいました。
 
そう、その写真は父が撮ったのです。本当は父と母は仲が良かったのです。わたしを愛してくれていました。思えば一日中工場で働く父の唯一の趣味は写真。家族で旅行に行き写真を一杯撮っていて、火事の焼け跡からは、不思議なことに、お金と写真は焼けずに残っていました。その1枚1枚が「愛してるよ」と言っていたのです。
 
父が残してくれた「愛してるよ」は、幸せな時間を切り取った一杯の家族写真。口下手で素直に言えなかった父が、亡くなって4年後にやっと届いたラブレター。父と母に愛されていたことを受け取ったら、すべてが愛と感謝でいっぱいになりました。きっとわたしの周りは何も変わっていません。わたしがシフトして世界が変わったのです。
 
今これを長良川の畔のテラスで書いています。隣の家族連れ、父が娘の写真を撮るのを見ながら、いつかのわたしの思い出と交差して微笑んでいます。こんな穏やかな日々、あのときは想像できなかった・・・。
 でもわたしが見えてなかっただけでした。
 「世界はいつも愛であふれている」ということを・・
 ここに導いてくださった河合さんはじめ、すべてのご縁へ、愛と感謝をこめて・・
「ありがとう 愛しているよ」

(「人生を創造する自愛メソッド」より)


☆大河内悦子氏プロフィール☆

岐阜生まれ。
自愛塾シニアトレーナー、カウンセラー。
《自愛塾》トレーナー養成セミナー 第1期卒業。
《自愛塾》カウンセラー養成セミナー 第1期卒業。

岐阜市立短大を卒業後、就職、結婚、2人の娘の母として幸せな生活を送っていたが、2009年春に人生の目的に目覚め、魂の探求を開始する。

さらに自愛メソッド創始者の河合政実氏に出会い、ありのままの自分を愛する事の大切さに気づく。 そして、トレーナー養成セミナー受講中に「すべては愛から出来ていた!」と自分の世界がシフトする体験に遭遇する。

これまでの体験が河合政実氏の新刊「人生を創造する自愛メソッド」に「遅れて届いた父からのラブレター」として掲載されている。

現在は日々の生活を豊かに楽しむ一方で、自愛塾トレーナーとして自分の人生体験を生かし「『ありのままのわたし』を楽しむこと」を提唱、多くの人の背中を押している。

○今楽しいこと、趣味・・・カメラ、目の前にいる人のキラリと光る表情を見ると、思わずシャッターに手が!

○好きな食べ物、飲み物・・・アイスクリーム、お寿司。

○好きな色・・・あお、蒼、葵、藍。

○好きな休日の過ごし方・・・娘 (26才)と じゃれあう 。かわゆいやつで、、、

○子供の頃 好きだった科目・・・音楽 。コーラス部に長年在籍していたため、独唱のテストになると、ついガチで歌い上げてしまい困りました 笑。

○自愛メソッドで一番好きなこと・・・完璧が腑に落ちると、枠がなくなり、どこまでも自由な世界を選択するようになること。

○みなさんに一言・・・自分を愛してくと、魂の求める方向へ人生がシフトします。ただただ 自分を愛してくださいね。

☆大河内悦子氏セミナースケジュール☆

《自愛塾》個人セッション(2016/1/13・名古屋)
http://www.nb-labo.co.jp/seminar/p-counsel20160113.html

《自愛塾》個人セッション(2016/2/10・東京)
http://www.nb-labo.co.jp/seminar/p-counsel20160210eo.html

《自愛塾》エグゼクティブセミナー名古屋土曜コース(2016/2/13~)
http://www.nb-labo.co.jp/seminar/executive20160213.html


《自愛塾スケジュール》
http://bit.ly/1dhKN5V


応援お願いします
↓↓↓↓↓↓↓

哲学・思想ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ



■facebook「自愛メソッド公式ページ」
https://www.facebook.com/jiaimethod

■facebook「河合政実公式ページ」
http://www.facebook.com/tontonponopono

■メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001422630.html

■YouTube「自愛チャンネル」
http://qq2q.biz/lUKG

■Androidアプリ「自愛メソッド」(月額324円)
http://qq3q.biz/lUL6

■ツイッタ―
https://twitter.com/tontonponopono

■自愛塾スケジュール
http://bit.ly/1dhKN5V

■「【自愛塾】幸せを呼ぶ自愛メソッド」トップページに戻る■
関連記事
スポンサーサイト
2015.12.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://luckyfortune.blog89.fc2.com/tb.php/567-fc2970ae