Love yourself and your soul will guide you.


8月に発売予定となっています、新刊の『人生を創造する自愛メソッド(仮題)』には、それぞれの立場から『自分を愛するプロセス』を語る10人のストーリーが掲載されています。

そのなかのひとつをここに紹介させていただきます。


宇宙



体験談10 「宇宙で釣りをする!」
                                       香 野 晴 美



 わたしは、幼い頃から、スピリチュアルな世界に興味があり、占い、ヒーラー、カウンセリングを受け、自己啓発の様々な本を読みあさり、たくさんの自己啓発セミナーにも参加してきました。

 いつも自分の“そと”の世界に頼りきり、わたしは“今、ここ、自分”を見ず、何か環境が変わればもっとよくなる、関わる人が変わればよくなると、外へ、外への世界に逃げてきた人生をずっと送って来ました。

 いつも現れる同じ様な人間関係、そしてお金の問題。

 すべてはわたしが創造していることを頭で理解しているけれども、現実はいつもと一緒。
 そのパターンの1つがわたしは仕事で現れる近くの人に対して嫉妬心を抱き、相手を悪者にしてしまうことです。

 ですから自分の本当の気持ちを伝えることはせずに、コミュニケーションーションをとることを避け、自分を悲劇のヒロインにして、その場を去って行くのです。

 あるとき、一緒に仕事をしていた同僚に対して、嫉妬心を抱き、彼との関係がうまくいかないのを逃げたいのが1番の理由だったのに、わたしはヒーラーの方に相談に行って、「会社を辞めた方がいい」と言われ、それを鵜呑みにして、当時イギリスに留学したいと思っていたわたしは「イギリス留学をするから」とカッコつけて、貯金もないのに会社を辞めました。

 そして、実家がある佐賀に帰った頃、当時いち早く『引き寄せの法則』を知っていたわたしは、それでイギリスに行けるものと思っていました。今ならわかるのですが、“本当の自分”に尋ねることもせずに、過去の記憶で判断して、“自分”に嘘をついていたので、『引き寄せの法則』はもちろん働きませんでした(笑)。

 わたしはしばらく実家で過ごすことにし、その頃にクリーニングすることに出会い、なんとなくクリーニングをしていました。そこで奇跡的に父方の祖母の遺産をいただき、その資金でオーストラリアに2か月滞在しました。オーストラリアから日本に帰国したら、また1から出直そうと東京へ戻りました。

 しかし、クリーニングを続けているものの、また同じ状況が現れます。

 東京でとんとんさんと再会し、『自愛メソッド』に出会い、とんとんさんの『エグゼクティブセミナー』に参加するなかで、同じ事を繰り返すわたしの記憶が少しずつ紐解けていきました。

 その紐解きの1つが、当時、わたしが4、5歳だった頃、母と従姉妹とわたしの3人で動物園へ行き、ライオンを見たときの記憶です。年下の従姉妹は「怖い〜」と怯えました。

 そのときにわたしの母親が彼女を「大丈夫?」と抱きしめたのです。わたしはそれを見て、自分も抱きしめて欲しいと思い、わたしも同じように「怖い〜」と言うのです。

 ところがそのときには、わたしの母親は「大丈夫?」と言って心配して抱き寄せてくれる代わりに、すぐさまに「何言ってるの!向こうに行きなさい。」と言ったのです。
 そう言われ、わたしは母親に拒絶されたと思い、ショックを受けたのです。

 この経験は鮮明に覚えていて、大人になってもそれを思い出すと、わたしはオイオイ泣いていました。あのとき、本当は母に思い切り抱きしめてほしかったように、抱きしめてもらう、人生脚本の書き換えワークを行いました。面白いことに母にこのことを話しても、彼女はまったく記憶がないのです。

 そして、しばらくたってから、「あーーー!!!こういうことだったのか!」とわかったのです。

 わたしは動物園の出来事の日から、自分は母親に愛されていない悲劇のヒロイン子ちゃんと決めたので、人生の中であらゆる場面でそれを演じていたのです。

 そして、また思い出したのが、母親の親戚が集まると、いつも親戚が年下の従姉妹を「可愛いね、可愛いね」と彼女を褒めるあまり、いや、褒めていたと幼いわたしは決めつけていたのですが、無意識に従姉妹に強烈な嫉妬心と抱くようになり、「わたしだってここにいるんだ!」と自分を認めて欲しい、認めて欲しいと思っていたのです。

 ですから、わたしは、仕事では悲劇のヒロイン子ちゃんであり、自分が認められていないと勘違いをして苦しむ。本当にその繰り返しだったのです。

 謎解きがわかった後、またクリーニングを続けていたら、母と電話で話していたとき、わたしが嫉妬していた、その従姉妹が自分の母親に「お母さんは、弟ばかりを見ていて、わたしのことを見てくれていない」って言ってたらしいとと聞き、またまた、わたしはハッとしました。

 わたしはもう1人、あるきっかけで何年も連絡のとれない、母方の従兄弟がいるのですが、彼はある病気を持っており、それを理由に今は家にじっとしている状態なのです。

 わたしには見えたのです。彼にも弟がいて、弟は地元で有名な進学校に通い、優良企業に就職しているのですが、弟が優秀なので、みんなが彼を褒めていたのを思い出しました。

 わたしが幼い頃に嫉妬した従姉妹も、連絡がとれない従兄弟もみんな「自分を見て欲しい」と見えない嫉妬心に苦しんでいたことを・・・。

 そして、また気づきました。実は、母親自身や、母親の兄弟達が自分は親に愛されていない、兄弟の方が可愛がられていると勘違いしてきたのではないか!と。

 そのときにわたしは母親方一族の先祖や先祖が人間になる前、地球が誕生する前に宇宙の塵だった時代からの記憶の映像が浮かび、その記憶の連鎖がバラバラと崩れ、消えていくのを感じました。それに気づいたときに何とも言えないスーっとした感覚があり、それからというものの、わたしはこの人生は自分が創造しているということに本当に気づき始めました。

 最初に『自愛メソッド』を始めた頃、わたしはまた今の会社を逃げ出したくて、逃げ出したくてたまりませんでした。「会社の方針がわたしには合わない、わたしがやりたい方向性と違う、わたしを理解してくれる人はいないんだ。わたしの近くに現れる人とうまくいかない・・・」

 しかし、このことも自分が創造していると気づけたときから、世界は違って見えました。

 どんな出来事も、誰かがわたしに言った言葉、それが、わたしが表面的には望んでいないことであったとしても、「あー、わたしはこういう記憶を持っていて、それを再生し、創造しているんだな、また悲劇のヒロインでいようとしているんだなあ・・・」と。

 そう気づき始めた頃、わたしオリジナルの新しいクリーニングツールが舞い降りてきました。

 それは、まず、記憶たちにそっと声をかけます。
 「ここに居たかったら、まだ、ここに居ていいよ」
 そうすると、記憶たちは「もう、宇宙へ旅たつよ」と言うんです。そしたら、たんぽぽの綿毛が現れてその綿毛をフッと吹くと、綿毛は宇宙へ向かって飛んで行きます。

 自分なりのクリーニングを行っているなかで、わたしは今の仕事に取り組む姿勢が完璧に変わりました。“今、ここ”に向き合い始めたのです。今まで仕事をしてきて初めてでした。本気で真剣に取り組んでみよう、いや取り組み始めたのです。

 そうしたら、どうでしょう、物事がうまくいこうが、いくまいが、どちらでも、今を生きている満足感があり、命が輝いているのを自分で感じています。

 朝、会社に行く家から駅までの間が、重たい足取りではなく、空を見上げると何とも言えない充足感に感動しました。わたしが創造した世界なのです。

 結婚に対しても、何となく気が重かったのですが、同じタイミングでこの春にわたしは結婚しました。

 彼と出会って20年、付き合い始めて4年、結婚への不安や色々な想いも吹き飛びました。

 そして、この原稿を一度書き終えた矢先に、面白い記憶が飛び出してきました。彼とお金のことで大ゲンカしたのです。今まで一緒にいて、1位か2位を争う大ゲンカでした。
 きっかけは「結婚を期にマンションを購入したいね」という話しから、2人のお金の考え方の違い、溜め込んできた思いが爆発しました。
 そのときは感情が溢れかえっていたのですが、ふと冷静にその感情を見つめた後に、記憶たちに声をかけてあげたのです。「まだ、居てもいいよ」と。でも記憶たちは宇宙に飛びたっていきました。

 今までわたしが生きてきて出会った様々な体験、それはどんなに良くみえることも悪くみえることも、そこには何の意味もなく、「100%完璧なんだ!」と思っています。

 わたしが『自愛メソッド』に出会って、一番大きなことは、繰り返しですが、やはり、“今、ここ”に生きれるようになったこと、“すべて100%完璧”だと思えるようになったこと、“すべては自分が創造している”ということ、それを体感したことだと思います。

 とんとんさんの印象的な言葉のなかに
「いけすで釣りして、どうするの?宇宙は無限だから、宇宙で釣りをしなさい」
という言葉があります。わたしはこの言葉が大好きです。

 ついつい日々のなかで、小さいいけすで釣りをして、小さな世界で小さい自分を創造してしまうとき、聞こえてくるんです。

「どこで釣りするの?」って・・・(笑)

 わたしは思いっきり言います。「宇宙で釣りをします!」と・・・。
 

 自分を愛して、宇宙に釣り糸を垂らせば、命は輝きだす!
 心からそう思います。



Love yourself and your soul will guide you.


応援お願いします
↓↓↓↓↓↓↓

哲学・思想ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ



■facebook
http://www.facebook.com/tontonponopono

■メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001422630.html

■YouTube
http://youtu.be/MdrP14YukYU

■ツイッタ―
https://twitter.com/tontonponopono

■Mixiコミュニティ『自愛メソッド研究会』
http://c.mixi.jp/lawoflove

■「【自愛塾】幸せを呼ぶ自愛メソッド」トップページに戻る■
関連記事
スポンサーサイト
2013.06.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://luckyfortune.blog89.fc2.com/tb.php/311-1d4eca8c