自愛メソッドは、すべてを宇宙にお任せする「記憶の消去」と、未来を自ら創造する「イメージング」のコラボレーションに進化し、記憶の消去+イメージングの手法を用いた最強のメソッドとなりました。


斎藤哲子体験談


「50年許せなかった母を許せた瞬間」


齋藤 哲子

わたしにはふたりの母がいます。
生みの実の母と、実の母が離婚してわたしを一人おいて家を出て行ったあとに来た育ての母の二人です。
わたしは、わたしをおいて家を出て行った、生みの母のことを50年間、恨んでいました。

最後に母に会ったのは、32年前のことです。
わたしがまだ高校生だった頃でした。
 
赤ん坊のときに母と別れてから15年以上たって会いに行って、受験のために2週間一緒に暮らしたのですが、お互い傷つけあってまた飛び出してしまいました。
 
それから数年たって、謝りたいと思い、母に電話をかけても、私と名乗ったらすぐに電話を切られたので、完全にわたしの存在を母から切られたのだと思っていました。以来、わたしは、母親のことを忘れなくてはならない、でも忘れられない存在として生きて来たのです。恨みに思いながら・・・。

7年前、河合先生に出会い、自愛メソッドを始め、人生の転機を迎えます。
そして、自分の体験談が掲載された「幸せを呼ぶ自愛メソッド」と母への手紙を思い切って送ったのです。しかし、母からは何の返事もありません。これで、母親との縁は完全に切れたものとわたしは思いました。

あるとき神戸で、河合先生から「哲子さんは生みのお母さんに会いにいくべきだよ」と言われたとき、「なんて酷いことを簡単に言うのだろう。どれだけわたしが傷ついたのか知らないからそんなことを言えるのだ」と怒りと悲しみが沸き起こりました。
 
どうせ会いに行ったって、また玄関を閉めて追い返されるだけだと思ったのです。二度も三度も捨てられると立ち直れないと思いました。
 
河合先生は、「玄関閉めたってそれはお母さんの都合だから、哲子さんには関係ない」と言われましたが、関係なくてもわたしは傷つきます。
 
先月に高松に行った際に、河合先生から最後通告のようなことを言われました。
 
それは「お母さんに会いに行くべきだよ。哲子さんと同じように父親と生き別れた人に、お父さんに会いに行きなさいと言っていた人は、そのときはまだ行けなくて、あとから調べたら、僕が会いに行きなさいと言ったころに亡くなられていたんだよ」というものでした。
 
こんなことを言われたら、母のことがとても気になって仕方ありません。
でも、また母に拒絶されたら、母から会いたくないと言われたら、ショックで寝込んでしまいます。
そこで河合先生に「先生は、お兄さんやお母さんのこと(二人とも統合失調症で不慮の死で亡くなっている)からどうやって立ち直られたのですか」とお尋ねすると、「そんなことは知らないけれど、一瞬一瞬の感情を選択し続けているだけですよ」と言うのです。
 
その言葉がとても腑に落ちました。

そこで意を決意して、ゴールデンウィーク中に母親に会いに行くことにしたのです。
ところが当日の朝になると、なぜか前の日まではあった母の住所がどこを探してもありません。また、もしも母が留守であったらおいて帰ろうと書いたメッセージカードも、どうしたことかまるで見当たりません。
 
これは、行くなというサインだろうかと思い迷いましたが、自分自身に尋ねると、「記憶に騙されないように」と心に浮かんだので、何も考えないことにして、家を走り出て、電車に飛び乗りました。
 
母親に会うのが怖いと思いながら電車に乗っていると、知らないうちに勝手に涙がどんどん溢れて止まりません。
かすかに住所を覚えていたので、そこまで歩きましたが、家が見当たらないので、洗車をされているご近所の方に、親戚のふりをして尋ねると、母は4年以上前から老人ホームに入っているとのことでした。
 
タクシーで施設を訪ねると、母は寝たきりになっていました。
「幸せを呼ぶ自愛メソッド」の本と手紙を送っても、返事がなかったのは、そのせいだったのです。わたしはてっきり、昔のように無視されているとばかり思い込んでいましたが、とんでもない勘違いでした。

母は、片方の目は十分にあかず、はっきり発音をすることもできなくなっていました。
わたしのことがわかるかどうかと話しかけ、何度も名前を言うと、ようやくわかったようです。
 
「ごくろうさん、何歳になったの?」と言うので、「もう50歳になったよ」と答えると、「若く見えるね」と言うのでなんだかおかしく思いました。
 
ところどころ話が通じないので、「お母さんが生んだ哲子よ」とわたしが言うと、「哲学の哲に子どもの子と書くのね」と言いました。
 
父によくそう言われていたことや、父のことを思い出しました。
 
「子どもはいるの?」と母が聞くので、「結婚はしませんでした」と言ったら、「人には運命というものがあるから」と言うのです。
 
「お母さんに手紙を書いてきたよ」と言ったら、「読んでください」と言うので、周りの方もおられて恥ずかしかったのですが、声に出して読むことにしました。
 
「お母さんが大好きだけど、置いていかれたと思って恨んでいました。それはお母さんに連れて行って欲しかったからです。高校生のときにお会いしたとき、お母さんを傷つけることを言ってごめんなさい。お母さん、わたしを生んでくださってありがとうございました。感謝をこめて。」と・・・。
 
母に「連れて行って欲しかった」と改めて言うと、「わたしと来ると、死んでしまうから」と、しきりに「死んでしまうから・・・」と言うのです。
 
母が一生懸命話す言葉は、ほとんど聞き取れませんでした。
 
「お母さんは、食べ物は何が好き。」
「なんでも好きよ。」
「お饅頭とかは。」
「お饅頭も食べるよ。」
「じゃあ今度わたしが住んでいる神戸のお饅頭を持ってくるよ」と言ったら、「持ってこなくてもいいよ」と言ったので、笑ってしまいました。でも、あとで考えてみると、母なりに気を使ってくれたのだと思います。


「前に私の体験談を載せてもらった本を送ったのだけど・・・」と言ったら、「どんな本?」と言うので、「心理学の本」と言うと、「心理学は大学に入らないと学べない、高校ではないからね。でも、本に載せてもらうなんてスゴいね」と母が言うのです。「お母さんが賢く産んでくれたからねと言ったら、母はとても嬉しそうに笑いました。
 
実の母を訪ねて本当に良かったです。
涙がたくさん出て、あれから目の奥がジンジンとします。
 
母に会うまでは、「会ったって何も変わらない」「憎らしいだけで許せない」と思っていました。
でも何か力が抜けました。細胞がゆるんだ感覚があります。
 
河合先生、ありがとうございました。
もし母に会うことがなければ、わたしは生涯母を恨んだままだったことでしょう。
 
そしてお母さん、改めて、私を生んでくださってありがとうございました。
お母さん、愛しています。


齋藤哲子シニアトレーナープロフィール

《自愛塾》トレーナー養成セミナー 第3期卒業。
《自愛塾》カウンセラー養成セミナー 第1期卒業。
《自愛塾》シニアトレーナー養成セミナー 第2期卒業。

幼少期より自我の確立に悩みながら成長。20才で瞑想法に出会い、メンタルヘルスや自然療法に興味を持つ。

6年前に河合政実氏と出会い、その後自愛メソッドで自分の心を整えることで、周りも幸せになることを体感。 人生は自分の心の投影であることを実感し、その体験談が「幸せ呼ぶ自愛メソッド」や「自分を愛する教科書」に掲載され、共感を集める。

現在は、《自愛塾》スタッフとして仕事をしながら、《自愛塾》シニアトレーナー&カウンセラーとしても活動し、今、この瞬間から自愛メソッドを始めれば、ダイナミックに人生が変わることを伝えている。


☆齋藤哲子さんの・・・↓↓↓☆

○今楽しいこと・趣味
家の掃除が好きです。
アロマテラピーも好きです。
自分を実験台にいろいろ試しています。


〇好きな食べ物、飲み物
和食が好きです。
シンプルなお味噌汁など最高です。
飲み物はワイン、それと白湯。


〇好きな色
ターコイズブルー、白、マゼンタ


○好きな休日の過ごし方
寝たいだけ寝てから掃除し、アロマで遊び、散歩に出かけ、山を歩くのが好きです。


○子どもの時好きだった科目
国語、音楽。


○自愛メソッドで一番好きなこと
自分の感覚を信じ、行動し、結果に自分で責任をとるところ。
自分を信じるというところ。


○みなさんに一言
最速最短の自愛メソッドで、
もう幸せを受け取りましょう~(^^)/
もうがんばらなくてもいいですよ~!!



☆齋藤哲子シニアトレーナーの今後のスケジュールはこちらです☆

《自愛塾》エグゼクティブセミナー神戸日曜コース 2017年4月16日(日)~
https://goo.gl/chTNdc


応援お願いします
↓↓↓↓↓↓↓

哲学・思想ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ



■アメブロ「河合政実公式ブログ」
http://ameblo.jp/jiaimethod/

■facebook「自分を愛する教科書公式ページ」
https://www.facebook.com/kyokasho

■facebook「自愛メソッド公式ページ」
https://www.facebook.com/jiaimethod

■facebook「河合政実公式ページ」
https://www.facebook.com/jiaimethod1111

■メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001422630.html

■YouTube「自愛チャンネル」
http://qq2q.biz/lUKG

■Androidアプリ「自愛メソッド」(月額324円)
http://qq3q.biz/lUL6

■ツイッタ―
https://twitter.com/tontonponopono

■自愛塾スケジュール
http://luckyfortune.blog89.fc2.com/blog-entry-80.html


■「【自愛塾】自分を愛する教科書」トップページに戻る■
関連記事
スポンサーサイト
2016.01.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://luckyfortune.blog89.fc2.com/tb.php/1095-ae36dea4