2016年ハワイ島ツアーAグループのレポートです。

●1日目●11月11日(金)

ハワイ島に到着いたしました。

現地ガイドのともみさんに出迎えてもらい、早速車でランチへ。
ランチは、ハワイ島最古のホテルと言われているマナゴホテルのポークチョップ。


11日ランチ

ここのポークチョップは、毎日でも食べたいと思うくらい美味しいですよ。去年のハワイ島ツアーでは、スケジュールが合わず、行けなかったので、2年ぶりのポークチョップに感動いたしました。

別皿で、ポテトサラダ、豆腐の煮物、もやしのサラダなどのお惣菜が無料で、食べ放題なのも嬉しいです。



11日全員写真

11日農園

昼食後、グリーンウェル・コーヒー農園で、コナコーヒーを試飲したり、カメレオンを見たりした後、

マリオット・キングカメハメハ・ホテルにチェックインしました。



11日ビール


夜は、ア―リードライブ沿いにあるシュリンプ専門店のババ・ガンプ・シュリンプで、シュリンプ尽くしをいただきました。
ここは、海岸のへりにあるお店なので、波の音と夜の海を見ながらの食事は、最高ですよ。

なんと、サプライズのお誕生日祝いもありました!


11日夜

明日は、聖地ワイピオ渓谷とアカカの滝、そしてヒロの街へと参ります。



●2日目●11月12日(土)


今日は、聖地ワイピオ渓谷、アカカの滝、ヒロの街の散策と盛りだくさんな1日でした。

まずは、現地ガイドのともみさんの車で、午前7時にホテルを出発し、聖地ワイピオ渓谷に向かいます。
ワイピオ渓谷は、カメハメハ大王が幼少期を過ごし、未だに古代のハワイアンマナに守られていると信じられている王家の谷です。

2日目5

かつて3000人以上の人が住んでいたこの場所は、電気、ガス、水道もなく、携帯電話の電波も届きません。
通常は、このワイピオ渓谷を山頂の展望台から眺めて帰るのが普通ですが、とんとんツアーでは、四輪駆動の車で、アメリカ合衆国の公道としては、最大の25度の坂道を降りて行きます。

2日目1

そして、渓谷の底の観光をしたあと、四輪駆動の車から降りて、徒歩で聖地を歩きます。

2日目2

聖地のエネルギーを感じるには、やはり自分の足で大地を歩くことをわたしは、オススメいたします。
陽子ちゃんは、裸足でこの聖地を歩いていました。

古代のハワイアンマナが溢れる渓谷の底のエネルギーを感じてください。
短いですが、はっきりと映像で、光のエネルギーが降りてくる動画をご披露いたします。。



そして、かつて巨大な神殿「パカアラナヘイアウ」があった海岸まで、歩きます。

この神殿は、70年前のチリ地震の大津波で破壊されてしまいました。
その時に、流されて野生化した馬が現在50頭ほどいます。
(馬の写真をよく見てください。光が降りています。馬の背後のあたりに神殿の残骸の一部があります。)

2日目4

そしてこちらは、かつて巨大な神殿「パカアラナヘイアウ」があったワイピオビーチでの動画です。
この神殿は、70年前のチリ地震の大津波で破壊されてしまいましたが、死者が1人も出なかったことで、この場所が古代のハワイアンマナで守られている聖地であると信じられるようになりました。
古代のハワイアンマナが溢れる力強いエネルギーを感じてください。




ワイピオビーチで、お弁当をいただいたあと、自愛メソッドを行いました。

2日目3

その時に、受け取ったメッセージです。

『すべてをリセットせよ。すべてをゼロからやり直しなさい。変えるよりも創造した方が早い。』


聖地ワイピオ渓谷を後にして、途中マラサダで有名なテックスに立ち寄って、ヒロ近郊のアカカの滝へ向かいます。
ワイピオ渓谷でゆっくりと時間を取ったので、アカカの滝は駆け足での訪問となりました。
ところが、今までにないほどの強いエネルギーを感じ、写真や動画にたくさんの光のエネルギーが映りました。
(普通に写っている写真もありますので、比較してください)
時間ではないのですね。

2日目6


2日目9


2日目7



2日目8


その時に、受け取ったメッセージです。

『すべてのスタートは自分を愛することから始まる。自分を愛せない人からは何も生まれない。』

そして、ヒロの街へ。

アロハシャツのシグゼーン、ファーマーズマーケット、アイランドクッキーなどを訪問。
3時過ぎに閉めるお店も多く、5時には完全に閉店になり、あまりやる気がないように見えます。
しかし、忙しすぎる日本と比較すると、ハワイ島の方がずっと幸せなのかもしれません。


●3日目●11月13日(日)

今日は、待望のドルフィンスウィム。
現地の最新情報によると、イルカと泳ぐことはハワイでは禁止になることは確実とのこと。その実施時期が来年1月からになるのか、1年延長して、再来年1月にするかで意見が別れているとのこと。
ですから、今回のとんとんツアーが最後のドルフィンスウィムになるかもしれません。

A3日目1


A3日目2

A3日目3

さて、今日のドルフィンスウィムの船長は、ケンさん、ドルフィンガイドはアキさんが務めてくれました。
いつものコウイチロウ船長とダイスケくんはお休みでした。

船は、コナの港を出校し、南へ向かいます。
30分ほどでポイントに到着します。

今日は、50頭ほどのイルカちゃん達から歓迎を受けました。
子供連れのイルカ、交尾するイルカとサービス精神が旺盛です。
わたしは、1年振りにGOPROで動画を撮影しようと格闘していて、意識をイルカ達に集中することが出来ませんでした。
すると、イルカちゃんからのメッセージが来ました。

『いい加減に機械をおいて来たら? 楽しむために来たんじゃないの?』

そこで、3回目のドロップでは、GOPROを船において、海に入りました。
すると、イルカちゃんたちが大群でわたしたちの真下を通過して行きます。
黄色い葉っぱをヒレに乗せて遊んでくれたイルカちゃんもいたそうです。

さて、帰りの船で、アキさんに昨日ワイピオ渓谷に行ったという話をしたところ、『ワイピオ渓谷こそ、ハワイ島最高のパワースポット。10年前に初めてハワイ島に来たとき、最初の3日間はワイピオ渓谷でキャンプをした』と、ワイピオ渓谷の話で盛り上がりました。

ここから奇跡のシンクロがおきます。
船から上がって着替えていると、一人の白髪の老婆が私たちの横を通ります。
その女性が10年前にワイピオ渓谷で、アキさんがキャンプをした時の3人の仲間の一人だったのです。
10年振りの涙の再会でした。

イルカたちから受け取ったメッセージです。

『人生は何のためにあるのか。それは自分を楽しむためにある。何かを達成するためにあるのではない。』

さて、ドルフィンスウィムのあとは、ランチタイム。
ロングボード、ビッグウェーブなどで有名なコナ・ブリューイング・カンパニーのビール工場直営レストランで、いい気分に。
ここは、小さなグラスで四種類のビールを試飲することが出来ますよ。(有料)

A3日目4


●4日目●11月14日(月)

今日は、聖地マウナケアのご来光と、幻想的なマンタナイトダイビング。

まずは、夜中の1時20分にホテルを出発して、世界8大聖山の標高4205メートルのマウナケアのご来光へ。
しかも、今日は、ウルトラスーパームーンで、ダブルの超パワーが降りてくるのは間違いありません。

標高2800メートルのオニヅカ記念センターで、月と星の観察を楽しみました。
特に、今回の月は、68年ぶりの大接近で、力強いエネルギーを全身で感じることが出来ました。
それも、マウナケアという聖地で受け取ることが出来たことは、感謝しかありません。

4日目1

ウルトラスーパームーンとマウナケアのパワーが降りなす、強いエネルギーに脚がふらつくほどでした。
そのウルトラスーパームーンから受け取ったメッセージ。

『勇気を持て。何も恐れることはない。前に進むのだ。』


オニヅカ記念センターを後にして、いよいよマウナケアの頂上に四輪駆動で向かいます。
そして、ついにマウナケアの山頂へ。

気温1度。
快晴で、風もさほどありません。

4日目2

4日目3

4日目4

4日目5


世界8大聖山の標高4205メートルのマウナケアのご来光です。
ハワイ諸島の最高、最強のパワースポットのエネルギーを受け取ってください。




マウナケアのご来光から受け取ったメッセージ。

『人生を自由に創造しなさい。人生は他の誰でもないあなたのためにある。ゼロから創造するのだ。』


聖地マウナケアのご来光に感動し、ホテルで休憩したあとに、芝生と海が見えるコナインレストランで、ランチ。
ここは、トリップアドバイザーでも、評価の高いレストランです。

4日目7

そして、夕方から幻想的なマンタナイトダイビングへ。
船長はケンさん、ガイドはダイスケさんです。

ほとんどの船が南へ行くなか、私たちの船は、ダイスケさんの判断で、反対の南へ。
シャラトンの前のポイントに到着しました。

ハワイ島には、250枚のマンタが住んでいますが、今日は、何枚のマンタに出会えるでしょうか?
GOPROを準備して、海に入ろうとすると、突然マンタたちからのメッセージが、、、。

『GOPROを置いて来て。そうすれば必ず現れるから』

そこで、GOPROを置いて、海にドロップインすると、そこにはマンタたちとの感動的な出逢いが待っていました。
4枚のマンタたちが現れ、僕達と遊んでくれました。

4日目8

マンタがプランクトンを食べるために、口を開けて白い腹を見せながら回転する『舞う』という行為を何回も行ってくれました。
これは、10%未満の確率だそうで、ハワイ島でしか肉眼で確認出来ない現象だそうです。
それを約30分に渡って行ってくれました。
しかも、わたしに3回もぶつかってくれたのです。

今までのマンタナイトダイビングでは、10センチぐらいまで接近して来たことは何回もありましたが、ぶつかったのは初めてです。
それも、『ぶつかる』というよりも『タッチする』という優しい感覚です。
今までのマンタに対するイメージが全く変わってしまいました。
全員大満足の幻想的なマンタナイトダイビングとなりました。
マンタたちから受け取ったメッセージ。

『人のために生きることをいつまで続けるの? 人生は自分が楽しむことからだよ』

4日目6



●5日目●11月15日(火)

今日は、赦しの土地ホナウナウ国立公園と、グリーンサンドビーチ訪問です。

まずは、カブー(タブー)を犯して死刑になるはずの成人が赦された、赦しの土地ホナウナウ国立公園へ。
敷地内に入っただけで、柔らかいほっとするエネルギーに癒されました。

A5日目1

A5日目2

その癒しのエネルギーにほっとするあまり、水着に着替えて海に入ってしまった参加者もいました。
わたしも、誘われて、思わず服を脱いで海に入ってしまいました(笑)

A5日目3

そして、自愛メソッドを行いました。

A5日目4

そのホナウナウ国立公園から受け取ったメッセージ。

『ここは赦しの土地。あなたの人生に起きていることは、あなたの心を映し出している。あなたの中を見なさい。』

A5日目5

ランチのあとは、秘境グリーンサンドビーチへ。

ここは、サウスポイントから1時間以上歩かないと到達出来ない秘境のビーチです。

来る人を寄せ付けないビーチとも呼ばれています。

去年は、強風と雨に悩まされましたが、今年は強風です。
吹き飛ばされそうな向かい風の中を1歩1歩進みます。

ようやくグリーンサンドビーチに到着しましたが、来ている人のほとんどが欧米人で、日本人は誰もいません。

A5日目6

A5日目7

A5日目8

A5日目9

グリーンサンドビーチから受け取ったメッセージ。

『良いも悪いもすべてあなたの解釈次第である。どうせ解釈次第なら、わたしは、ポシティブな未来を創造する解釈を選択する。』

さて、宿泊場所をコナのキングカメハメハホテルからボルケーノのコテージに移動いたしました。

夕食は、みんなで料理をいたしましたが、とんとんは、ポークソテーとビーフステーキを作りました。
ビールとワインで、楽しい時間を過ごしました。

A5日目10


●6日目●11月16日(水)

今日が聖地ハワイ島ツアー実質の最終日。

今日は、キラウェア火山のハレマウマウ噴火口と、溶岩に飲み込まれた街カラパナから溶岩大地を歩いて、溶岩が海に流れ込むところまでを往復する溶岩トレッキング。

まずは、女神ペレの住む場所であるハレマウマウ噴火口へ。
現在ハレマウマウ噴火口は、90年振りの活発な活動をしているそうで、わたしもとても楽しみにしていました。

とんとんツアーでは、一般の観光客が訪れるジャガー博物館でなく、ネイティブハワイアンたちが祈りを捧げる秘密の場所からハレマウマウを臨みます。

ハレマウマウは、噴煙も高くあがり、活発な様子が伺えました。
破壊と創造の強いエネルギーを感じます。

A6日目1


A6日目2


そして、裸足になって大地をしっかりと感じながら、自愛メソッドを行いました。

A6日目3

自愛メソッドが終わるとすぐに、『ゴ、ゴ、ゴーン』という音がハレマウマウから聞こえました。
岩盤が崩れ落ちる時の音で、『ペレの声』と言われている、とても珍しい現象です。

A6日目4

A6日目5


去年のとんとんツアーでも、ハレマウマウで自愛メソッドをしている最中に聞こえて、現地ガイドのともみさんから『とても珍しい。しかも、こんなに大きな音を聞いたのは初めて』と言われました。
それが再び起きたのです。
思わずともみさんの顔を見て、お互いにニッコリ笑ってしまいました。
それが3回も続きました。

あとで、ともみさんに訊ねると、ペレの声を聞いたのは、1年振り、つまり、前回のとんとんツアー以来とのことでした。
何十回もハレマウマウに来ているのに、あれ以来に聞こえたのは、このとんとんツアーが最初だと言うのです。

そのハレマウマウから受け取ったメッセージ。

『あなたは神である。創造主である。どんな未来も創造出来る。しがらみを捨て自由に生きよ。』

実は、これ以外にとても個人的なことで、メッセージをペレからいただきました。
わたしの人生の転機となるような大きなメッセージです。
この1年間悩んでいたことが消えてしまうような素晴らしいメッセージです。

ハレマウマウの破壊と創造のエネルギーの凄まじさに感動いたしました。


午後からは、溶岩に飲み込まれた町カラパナから溶岩大地を歩いて、溶岩が海に流れ込むところまでを往復する溶岩トレッキングを4時間半かけて行いました。

途中ランチをしながら、溶岩に飲み込まれた町カラパナへ。

A6日目11

そこから徒歩で、溶岩が海に流れ込むところまで2時間かけて歩きます。

A6日目6


A6日目7

歩くに連れて、海に溶岩が流れ込む場所から上がる噴煙が大きくなります。

A6日目8

やっとの思いで現地に到着すると、虹の祝福です。

A6日目9

溶岩の赤い炎と海水が沸騰して噴煙となる地球の大パノラマをしっかりと目に焼き付けます。

溶岩トレッキングで、受け取ったメッセージ。

『今目の前で起きていることに意識を集中しろ。枝葉末節なことに惑わされず、自分にフォーカスするのだ。』

そして、再び2時間かけて、真っ暗な中を懐中電灯の灯りを頼りに、カラパナの町に歩いて戻ります。


中華、タイ料理のレストランで夕食を食べたあと、夜のハレマウマウを鑑賞するために、ジャガー博物館へ。
真っ赤な炎が見える幻想的なハレマウマウを堪能いたしました。

A6日目10


こうして2016年聖地ハワイツアーAグループの素晴らしい旅が無事終了いたしました。


■アメブロ「河合政実公式ブログ」
http://ameblo.jp/jiaimethod/

■自愛塾スケジュール
http://luckyfortune.blog89.fc2.com/blog-entry-80.html


応援お願いします
↓↓↓↓↓↓↓

哲学・思想ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ


■アメブロ「河合政実公式ブログ」
http://ameblo.jp/jiaimethod/

■facebook「自分を愛する教科書公式ページ」
https://www.facebook.com/kyokasho

■facebook「自愛メソッド公式ページ」
https://www.facebook.com/jiaimethod

■facebook「河合政実公式ページ」
https://www.facebook.com/jiaimethod1111

■メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001422630.html

■YouTube「自愛チャンネル」
http://qq2q.biz/lUKG

■Androidアプリ「自愛メソッド」(月額324円)
http://qq3q.biz/lUL6

■ツイッタ―
https://twitter.com/tontonponopono

■自愛塾スケジュール
http://luckyfortune.blog89.fc2.com/blog-entry-80.html


■「【自愛塾】自分を愛する教科書」トップページに戻る■
関連記事
スポンサーサイト
2016.12.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://luckyfortune.blog89.fc2.com/tb.php/1038-438a94b1