初の国内とんとん聖地ツアーに行ってまいりました。
その世界遺産でもある奥吉野ツアーのレポートです。


●1日目● 4月3日(日)

【益田の岩船】

大和八木駅に集合して、近くの人気の『ほうらんや』にて、ランチをいただいてから、謎の巨石、益田の岩船に行きました。

益田の岩舟


大きさは東西約11メートル、南北約8メートル、高さ約4.7メートル。重さは約800トンもあるという説もあり、上部には一辺約1.6メートル、深さ約1.2メートルの穴が空けられています。

ミステリアスな「益田の岩船」ですが、諸説があります。

誰が、何のために作ったのか、文献など残っておらず全くの不明ですが、下記のようないくつかの説があげられています。
1.弘法大師による巨大な石碑の台石
2.星占いをする台座
3.横口式石槨(せっかく)の建造途中で、石に亀裂があるため建造を放棄された


益田の岩舟2


益田の岩舟3


益田の岩舟4


益田の岩舟5


岩舟の上に登り、スピリッツ参加者の名簿を前にして、準備します。

岩舟インフィニティー



自愛メソッド・インフィニティーを行い、スピリッツ参加者とともに、岩船の地の底から感じるエネルギーを受け取りました。(午後2時22分)

グランディングするエネルギーが素晴らしかったです。

そこで、わたしに浮かんだメッセージ。

『何処にいても、誰といても、何があっても、わたしは変わることはない。わたしはわたし。他の誰でもない。』



【飛鳥の石舞台】

益田の岩船の次に訪れたのは、飛鳥の石舞台です。
石舞台1


石舞台古墳は、飛鳥歴史公園内石舞台周辺地区の中央に位置するわが国最大級の方墳です。
30数個の岩の総重量は約2300トン、特に天井石は約77トンとかなりの重量で、造られた当時の優れた土木・運搬技術の高さがうかがわれます。

天井席の上面が広く平らで、まるで舞台のように見えるその形状から古くから「石舞台」と呼ばれています。
被葬者は明らかではありませんが、7世紀初頭の権力者で、大化の改新で滅ぼされた蘇我入鹿の祖父でもある蘇我馬子の墓ではないかといわれています。


石舞台2


石舞台3

石舞台の中を写真で撮影したら、光が射していました。


仮装2

最後にみんなで、古代の衣装を楽しみました。

仮装1

衣装が似合いすぎると評判でした(笑)



古民家2

夜は、ガイドの井崎さんの自宅の古民家に宿泊することにいたしました。


宴会

宴会2

まずは、全員でビールで乾杯です。


しし鍋

猪鍋などのフルコースをいただきました。


●2日目● 4月4日(月)


古民家1

朝、古民家から見る景色も幻想的です。


川上村

川上村は、日本のマチュピチュとも言われています。


【蜻蛉の滝(せいれいのたき)】

2日目のスタートは、蜻蛉の滝からです。

駐車場から5分ほど階段を上ると、突然落差50メートルの勢いのある雄々しい滝が出現します。

蜻蛉の滝


滝の上には、弁財天・不動明王と役行者の霊をまつる祠堂があります。 

天気の良い日には滝壺に虹がかかることから別名虹光(にじっこう)とも言われています。

名前の由来は古事記において雄略天皇に噛みついた虻を掃ったとされる蜻蛉(とんぼ)からきています。

天武天皇や持統天皇も行幸し、宮人たちも数多くこの滝に訪れたことが万葉集に記されています。松尾芭蕉や数多くの名だたる歴史上の人物が訪れたこの滝は、一見の価値ある素晴らしいパワースポットです! 

このマイナスイオンたっふりの蜻蛉の滝のほぼ滝壺に近い場所で、スピリッツ参加者の皆さんとともに、自愛メソッド・ビッグバンを行いました。(午前10時18分)

すべてを洗い流すような、純粋で清らかなエネルギーを受け取りました。

そこで、わたしに浮かんだメッセージ。

『すべてを水に流せ。すべてを洗い流せ。考えることを止めて、ゼロからスタートするのだ。』


【青根ヶ峰~金峰山寺~吉野千本桜】

蜻蛉の滝を後にして、小雨の中を歩くこと3時間。

道標


吉野山では、最高峰の青根ヶ峰に到着いたしました。

山


青根ヶ峰(あおねがみね)は大峰山脈北部、奈良県吉野郡吉野町の吉野山最南端にある標高858mの山で、古くから神奈備山として崇められて来ました。

万葉集には
「み吉野の 青根が峰の 苔蓆(こけむしろ) 誰か織りけむ 経緯(たてぬき)無しに」
と詠まれています。

青根ヶ峰に到着した途端に、雨が止んで太陽が顔を出し、晴れ渡りました。

まさに、奇跡です。

吉野名物の柿の葉寿司のお弁当を食べたあとに、スピリッツ参加者とともに、自愛メソッド・インフィニティーを行いました。(13時33分)

自由でかつ雄大なエネルギーを受け取りました。

そこで、わたしに浮かんだメッセージ。

『わたしは自由だ。誰もわたしを止めることは出来ない。わたしを止めているのは、わたしだけなのだ。』


そして、世界遺産の金峰山寺の各寺院と吉野の千本桜を2時間以上をかけて、じっくりと見物いたしました。

金峰山寺
世界遺産金峰山寺

山桜

吉野の千本桜も、山頂近くの方は開花したばかりでした。

そこから1時間歩いて下山していくうちにだんだんと満開になって行きました。

吉野桜

中腹からの眺めは、絶景でした。

因みに、この日の歩数は、20533歩でした。

夜は、天皇陛下が休憩にお立ち寄りになった、川上村の名湯『ホテル杉の湯』に宿泊しました。


●3日目● 4月5日(火)



3日目朝日

朝起きてすぐにホテルの部屋から撮影いたしました。

桜と河


山と河


河

絶景を眺めながらの露天風呂が最高でした!!


【明神の滝】

ホテルを出発して、川上村の最南端近くまで30分車で移動し、そこからトレッキングを開始いたしました。

この山は、波動がとても軽く、歩いていても不思議なことに疲れません。
まるで、シャスタにいるかのようです。

明神の滝へのトレッキングの光(井崎)
ガイドの井崎さんに光のシャワーが・・・。

明神の滝へのトレッキングの光(とんとん)
とんとんご一行にも祝福の光が降りて来ています。


そして、約80分のトレッキングをして、ついに明神の滝に到着いたしました。

明神の滝

まさに、秘境の滝です。


落差40メートルの滝ですが、一昨日から昨日にかけて降った雨の影響で、水量が増していて、迫力満点てした。

マイナスイオンをたっぷり浴びながら、スピリッツ参加者とともに、自愛メソッド・インフィニティーを行いました。(11時11分)

そこで、わたしに浮かんだメッセージ。

『すべては完璧だ。もし、不完全に見えるものがあるとするならば、それはあなたの記憶に原因があるのだ。そして、そう見えるあなたも完璧なのだ』

この滝のエネルギーは非常に高く、疲れが一挙に消え、帰りの足取りが軽くなりました。

ほぼ無名の滝ですが、一見の価値がある滝だと思います。


明神の滝の山

明神の滝がある山は、格別でした。
気持ちのいい気に満ちていて、疲れません。


【蝙蝠の窟】

明神の滝の感動をあとにして、また、1時間のトレッキングで、駐車場まで戻りました。

そこから人が住んでいる民家まで車で20分かかります。
その『山鳩湯』で、山菜定食をいただきました。

山菜定食


続いて、修験道の開祖役小角が約1500年前に修行をしたと言われている『蝙蝠の窟』へ。

役小角は、飛鳥時代から奈良時代の呪術者で、修験道の開祖とされています。天河大弁財天社や大峯山龍泉寺など多くの修験道の霊場で修行をしたと言われています。

その『蝙蝠の窟』の登り口には、何の標識も看板もなく、木の梯子が道路の脇にあるだけで、誰もここが飛鳥時代からの聖地とは気づかないでしょう。

梯子


その梯子を皮切りに、ほぼ垂直に、岩山を登って行きます。

トレッキング

ここのトレッキングは、かなり大変でした。
ロープを掴むための軍手が必要です。


そして、約1時間きついトレッキングを続けて、ようやく山頂近くにある、小さな洞窟に到着します。

蝙蝠の窟1


一人がやっと入れるような洞窟で、数メートル進むと、身体を横にしないと通れないような狭さになり、お腹が出ているわたしにとっては、まるで役小角に意地悪をされているようでした(笑)

所々にコウモリがいましたが、可愛い感じで、不気味さはありません。

洞窟自体にも、ネガティブなエネルギーは、感じられませんでした。


蝙蝠の窟2


行き止まりの修行場で、自愛メソッド・ビッグバンを、スピリッツ参加者とともに、行いました。(14時48分)


すべてのライトを消して、漆黒の闇のなかで瞑想をしてみました。
日常の生活ではありえない、真の闇です。


そこで、わたしに浮かんだメッセージ。

『生きるとは死ぬことだ。死ぬとは生きることだ。生と死は裏表のことで、実は同じことなのだ。』

本日の歩数は、13225歩でした。


これを持って、世界遺産・奥吉野ツアーは、無事に完了となりました。

参加者の皆さん、スピリッッ参加者の皆さん、ガイドの井崎さん、ご覧いただいている皆さん、本当にありがとうございました。



☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆
この投稿はシェア自由です。
幸せのおすそわけをどうぞ。
☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆


■自愛メソッド公式ブログ
http://luckyfortune.blog89.fc2.com/

■自愛塾スケジュール
http://luckyfortune.blog89.fc2.com/blog-entry-80.html


応援お願いします
↓↓↓↓↓↓↓

哲学・思想ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ



■facebook「自愛メソッド公式ページ」
https://www.facebook.com/jiaimethod

■facebook「河合政実公式ページ」
https://www.facebook.com/jiaimethod1111

■メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001422630.html

■YouTube「自愛チャンネル」
http://qq2q.biz/lUKG

■Androidアプリ「自愛メソッド」(月額324円)
http://qq3q.biz/lUL6

■ツイッタ―
https://twitter.com/tontonponopono

■自愛塾スケジュール
http://luckyfortune.blog89.fc2.com/blog-entry-80.html


■「【自愛塾】自分を愛する自愛メソッド」トップページに戻る■
スポンサーサイト
2016.04.07 / Top↑
Love yourself and your soul will guide you.

1吉野桜


皆さん、大変お待たせいたしました!!

「シャスタやハワイ島もいいけど、日本でツアーをやってもらえませんか?」といつも言われながら、なかなか出来ずにいましたが、ついに、国内で初のとんとんツアーを開催することとなりました!!

それが【とんとんと行く! 奥吉野の聖地と桜を巡る旅】です。


シャスタガイドの井崎さんの日本での住まいが、実は、日本の秘境の奥吉野なのです。

その井崎さんの案内で、奥吉野を訪ねます。

吉野桜の季節を楽しみ、修験道の開祖「役行者」が修業をした洞窟の探検や明神の滝などの秘境巡りも行います。

奥吉野の聖地の各パワースポットにて、自愛メソッドInfinityや自愛メディテーションを行い、自分との対話を行って、自愛を深めます。


夜は、楽しい『とんとんバー』を毎晩開催いたします。(参加費無料)

聖地ツアーの達人、井崎さんととんとんが、心をこめて企画しました。
是非ご参加ください!!


●1日目 4月3日(日)● 

12時15分 近鉄「大和八木駅」南口集合。  
地元の食材を豊富に使った評判のレストランで昼食。

まず、ミステリアスな建造物の「益田の岩舟」まで、短いハイキングをいたします。

2益田の岩舟
益田の岩舟

住宅地から続く貝吹山(かいぶきやま)の東峰、険しい上り坂を5分ほど歩くと花崗岩の巨岩「益田の岩舟」が現れます。
大きさは東西約11メートル、南北約8メートル、高さ約4.7メートル。重さは約800トンもあるという説もあり、上部には一辺約1.6メートル、深さ約1.2メートルの穴が空けられています。誰が、何のために作ったのか、文献など残っておらず全くの不明ですが、下記のようないくつかの説があげられています。
1.弘法大師による巨大な石碑の台石
2.星占いをする台座
3.横口式石槨(せっかく)の建造途中で、石に亀裂があるため建造を放棄された


そして、蘇我馬子が被葬者ではないかといわれている明日香村の石舞台古墳を訪問。

3石舞台古墳(入場料込み)
石舞台古墳

石舞台古墳は、飛鳥歴史公園内石舞台周辺地区の中央に位置するわが国最大級の方墳です。
30数個の岩の総重量は約2300トン、特に天井石は約77トンとかなりの重量で、造られた当時の優れた土木・運搬技術の高さがうかがわれます。
天井席の上面が広く平らで、まるで舞台のように見えるその形状から古くから「石舞台」と呼ばれています。
被葬者は明らかではありませんが、7世紀初頭の権力者で、大化の改新で滅ぼされた蘇我入鹿の祖父でもある蘇我馬子の墓ではないかといわれています。


続いて、吉野川沿いに奥吉野に専用車で向かい、人形浄瑠璃、妹背山女庭訓の舞台となる場所や宮滝遺跡、宮滝ダムなどを経て、川上村・高原へ。

4川上村・中心部
川上村・中心部

川上村・高原の宿泊先は、古民家「天雲」です。

5古民家・天雲a

古式ゆかしい日本の家の良さをたっぷり味わっていただきます。

6古民家・天雲b
囲炉裏のある部屋。

夕食は、囲炉裏端でしし鍋をいただきます。

7古民家・天雲c


8古民家・天雲d

「天雲」からは、高原渓谷の絶景も楽しめます。 

9高原渓谷a


10高原渓谷b


11高原渓谷c



●2日目 4月4日(月)●

朝食は、地元で製麺された、素麺をいただきます。

古民家を後にして、専用車で蜻蛉の滝に移動し、マイナスイオンにたっぷり浴します。

13蜻蛉の滝a


14蜻蛉の滝b
蜻蛉の滝(せいれいのたき)

滝の上に弁財天・不動明王と役行者の霊をまつる祠堂があります。 
天気の良い日には滝壺に虹がかかることから別名虹光(にじっこう)とも言われています。
名前の由来は古事記において雄略天皇に噛みついた虻を掃ったとされる蜻蛉(とんぼ)からきています。
松尾芭蕉らも訪れたこともある古くから有名な滝の一つです。 


12桜b

滝へ続く途中の公園は、春には枝垂桜が美しいことでも有名です。 


蜻蛉の滝を観光後、いよいよウォーキング開始です。
約4時間のハイキングです。

15吉野山


16大滝ダムをのぞむ
大滝ダムが見えます。

17女人結界
女人結界

昼食はトレイルの途中で、名物の鯖と鮭を組み合わせた柿の葉寿司をいただきます。

標高最高地点の青根ガ峰から下り始め、数千本の吉野桜はもとより、世界遺産の金峯神社や金剛峰寺など歴史的な場所を見ながら吉野駅まで歩きます。

18桜c


19桜d


20桜e

温暖化の影響で、吉野桜の開花時期がどんどん早くなっています。
今年は、4月上旬が見ごろだそうです。

21金峯山寺・蔵王堂.jpg
金峯山寺・蔵王堂

途中の参道にいろんな店があり、桜見物の人たちでにぎわいます。

22参道
参道

この日は、地元が誇る温泉宿「杉の湯」で宿泊し、おいしい会席料理とお湯をお楽しみください。
「杉の湯」は、とても立派な村営旅館で、2014年11月天皇皇后両陛下がお立ち寄りになり、ご休息されています。 

23杉の湯


24杉の湯b


25杉の湯c


26和室
和室


●3日目 4月5日(火)

杉の湯で朝食後、車で天然記念物のトガサワラ原生林などを見ながら、三之公へ向かいます。
この奥に南朝の後裔が隠れ住んだ行宮跡・隠し平があります。

約1時間のドライブ、終点から約40分のハイキングでほとんど人が訪れない明神の滝へ。

27明神の滝a
明神の滝

28明神の滝b


明神の滝は、後南朝哀史の舞台であるカクシ平へのハイキングコースの途中にあります。
滝口から滝壷まで、さえぎるものがない落差約50メートルの直瀑です。
岸壁より勢いよく流れ落ちる水が放つ飛沫が心地よく、気分爽快です。
清らかな飛沫浴をたっぷりと堪能してください。



その後「蝙蝠の窟」と呼ばれていた鍾乳洞へ。

ここは、修験道の始祖である「役行者」が、1300年前の飛鳥時代に大峰山開山のみぎり、この洞窟を仮の住まいとして、修行をした場所と言われています。

崖をよじ登り洞窟に入り、内部でろうそくを灯して探検をいたします。

29探検


30洞窟で休憩
蝙蝠の窟

昼食はかけ流し天然温泉の「山鳩湯」でいただきます。
日帰り入浴を楽しんだ後、近鉄大和八木駅でまで専用車でお送りし、午後5時半頃解散です。


さあ、特別な聖地の旅へご案内します。
4月初旬のの奥吉野でお会いしましょう。


【開催日時】
2016年4月3日(日)~5日(火)

【募集定員】
8名(定員になり次第締め切らさせていただきます)

【参加費用】
88,000円

旅程・費用に含まれるもの
4月3日 到着日--専用車による近鉄大和八木駅出迎え、ガイド・半日観光 石舞台古墳入場料 1泊の古民家体験、しし鍋夕食、朝食付き (五つの座敷に分かれます)
4月4日 翌日--専用車による終日観光・ガイド・昼食付きハイキング 1泊の温泉旅館、会席料理夕食、朝食付き (和室・三人部屋利用)
4月5日 翌日--専用車による終日観光・ガイド・ハイキング・近鉄大和八木駅までお見送り

(近鉄大和八木駅・西口の集合場所までの交通のご案内)
4月3日 12:15PM  近鉄大和八木駅・西口に集合  
大阪方面ー鶴橋から・11:38の急行・名張行き・直通乗り換えなし 大和八木駅到着 12:09  ¥560
京都方面ー近鉄京都駅から11:10の特急・橿原神宮前行き・直通乗り換えなし  大和八木駅到着 11:58  ¥1,780
名古屋方面ー近鉄名古屋駅から10:30の特急・大阪難波行き・直通乗り換えなし 大和八木駅到着 12:17 ¥3,620
関東方面からは深夜バスが新宿から。 奈良交通・新宿-五条線で朝7時頃に大和八木駅に着きます ¥5,700 から ¥8,400

大まかな旅程
●4月3(日)
12:15pm 近鉄大和八木駅・西口で集合の後  
地元の食材を豊富に使った評判のレストランへご案内、各自負担で昼食(¥900-¥1,500)
その後、川上村・高原の古民家”天雲”にご案内、古式ゆかしい日本の家の良さをたっぷり味わっていただきます。 
途中、益田の岩舟に短いハイキング、そして蘇我馬子が被葬者ではないかといわれている明日香村の石舞台古墳(入場料込み)などを見たり、宮滝遺跡、妹背山、宮滝ダムなどを経て川上村・高原へ。夕食は囲炉裏端でしし鍋を召し上がっていただきます。(お酒類はご自由にお持ち込みください)
●4月4日(月)
蜻蛉の滝、西河に移動 春の奥吉野の山を桜で一杯の吉野山まで歩きます。
10:00 天雲で朝食後、蜻蛉の滝に移動。  
10:30 滝を観光後、いよいよ歩きます。 片道約4時間のハイキング開始です。(貴重品は車に残さずお持ちください)昼食はトレイルの途中で名物・鯖と鮭を組み合わせた柿の葉寿司(料金込み)。
13:30 参道に下りたら、神社にお参りしたり、みやげ物を買ったりお茶して一休み。
16:30 近鉄吉野駅に到着。(ガイドはここからタクシーで車を取りに行き、皆さんをお迎えに戻ります)
17:30 杉の湯にチェックイン、 温泉と夕食をお楽しみください。
●4月5日(火)
川上村の奥深いところにある明神の滝、蝙蝠の洞窟を探検します。
07:30  杉の湯で朝食。(和食・洋食選択)
08:30  ホテルを出発、天然記念物のトガサワラ原生林などを見ながら、三之公へ向かいます。 この奥に南朝の後裔が隠れ住んだ行宮跡・隠し平があります。
09:30  ハイキング開始、約40分で明神の滝に到着、休憩。(貴重品は車に残さずお持ちください)
10:45  滝を出発
11:20  車で蝙蝠の洞窟に出発
11:50  崖をよじ登り洞窟へ
12:10  洞窟着、内部でろうそくを灯して休憩
12:35  洞窟出発
13:00  車で入之波山鳩温泉へ(天然・かけ流し)
13:15  昼食および温泉入浴 (各自負担・入浴料¥800、食事¥1,000-¥1,500)
15:15  温泉出発
17:15  大和八木駅到着・解散

【お申し込み】
(パソコンからのお申込み)
http://www.nb-labo.co.jp/event/tour20160403.html
※受付開始1月8日(金)19時より

【主催】
株式会社ナチュラルボーン
〒160-0023
東京都新宿区西新宿4-15-1 西新宿パークハイツ803
TEL:03-6300-0135
FAX:03-6300-0136
MAIL:info@nb-labo.co.jp

【お振込み先】
横浜銀行 本店営業部
普通預金 1544204
株式会社ナチュラルボーン



応援お願いします
↓↓↓↓↓↓↓

哲学・思想ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ



■facebook「自愛メソッド公式ページ」
https://www.facebook.com/jiaimethod

■facebook「河合政実公式ページ」
http://www.facebook.com/tontonponopono

■メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001422630.html

■YouTube「自愛チャンネル」
http://qq2q.biz/lUKG

■Androidアプリ「自愛メソッド」(月額324円)
http://qq3q.biz/lUL6

■ツイッタ―
https://twitter.com/tontonponopono

■自愛塾スケジュール
http://bit.ly/1dhKN5V

■「【自愛塾】幸せを呼ぶ自愛メソッド」トップページに戻る■
2016.01.10 / Top↑
人生を成功させる最大の秘訣は、自分を愛すること=自愛です。
自愛メソッドは、脳科学と心理学に基づき、潜在意識に自分を愛することをイメージングするメソッドです。
石舞台2
ミステリアスな石舞台古墳



みなさん、お元気ですか?
とんとんです。


4月3日(日)~5日(火)まで“奥吉野”へ行って参ります。

「シャスタやハワイ島もいいけど、日本でツアーをやってもらえませんか?」といつも言われながら、なかなか出来ずにいましたが、ついに、国内で初のとんとんツアーを開催することとなりました!!

それが【とんとんと行く! 奥吉野の聖地と桜を巡る旅】です。

吉野桜の季節を楽しみ、修験道の開祖「役行者」が修業をした洞窟の探検や明神の滝などの秘境巡りも行います。
奥吉野の聖地の各パワースポットにて、自愛メソッドInfinityや自愛メディテーション、そして、2月9日から開始した自愛メソッドビッグバンを行い、自分との対話を行って、自分を愛することを深めます。



さて、今回の奥吉野ツアーは、かつてないほど早く、満席となってしまいました。
そして、「参加したかったのに残念!」という声をたくさんいただきました。


そこで、受け取ったインスピレーションが“スピリッツ参加”です。

是非私たちと一緒に奥吉野へ自分を愛する旅に“魂の参加”をしませんか?



奥吉野滞在中に訪れる、パワフルなスピリチュアルスポットにて、「自愛メソッドInfinity」「自愛メディーション」「自愛メソッドビッグバン」を行い、各聖地のエネルギーを加えて、スピリッツ参加者の皆さんの記憶を、根こそぎ愛し、自分を愛することを深めるエネルギーを送らせていただきます。

お好きなスピリチュアルスポットをお選びください。


(A)益田の岩舟
2益田の岩舟


住宅地から続く貝吹山(かいぶきやま)の東峰、険しい上り坂を5分ほど歩くと花崗岩の巨岩「益田の岩舟」が現れます。
大きさは東西約11メートル、南北約8メートル、高さ約4.7メートル。重さは約800トンもあるという説もあり、上部には一辺約1.6メートル、深さ約1.2メートルの穴が空けられています。誰が、何のために作ったのか、文献など残っておらず全くの不明ですが、下記のようないくつかの説があげられています。
1.弘法大師による巨大な石碑の台石
2.星占いをする台座
3.横口式石槨(せっかく)の建造途中で、石に亀裂があるため建造を放棄された

次の新しいステージへのゲートウェイとなっていて、「クリエイティブ」な創造のエネルギーを持つと言われています。
アーティスト、プログラマー、起業家など創造性を発揮したい方、就職、転職、開業、業態変更、新規事業などを考えている方、生み出すということで、妊活をされている方には最適だと思います。

このミステリアスでクリエイティブな益田の岩船で、自愛メソッドInfinityを行い、スピリッツ参加者の皆さんの記憶を愛し、自分を愛することを深めるエネルギーを送らせていただきます。


(B)蜻蛉の滝(せいれいのたき)
13蜻蛉の滝a


14蜻蛉の滝b


滝の上に弁財天・不動明王と役行者の霊をまつる祠堂があります。 
天気の良い日には滝壺に虹がかかることから別名虹光(にじっこう)とも言われています。
名前の由来は古事記において雄略天皇に噛みついた虻を掃ったとされる蜻蛉(とんぼ)からきています。
天武天皇や持統天皇も行幸し、宮人たちも数多くこの滝に訪れたことが万葉集に記されています。松尾芭蕉や数多くの名だたる歴史上の人物が訪れたこの滝は一見の価値ある素晴らしいパワースポットです! 

このマイナスイオンたっふりの蜻蛉の滝で、自愛メソッドInfinityを行い、スピリッツ参加者の皆さんの記憶を愛し、自分を愛することを深めるエネルギーを送らせていただきます。


(C)青根ヶ峰
青根ヶ峰

青根ヶ峰(あおねがみね)は大峰山脈北部、奈良県吉野郡吉野町の吉野山最南端にある標高858mの山で、古くから神奈備山として崇められて来ました。

万葉集には
「み吉野の 青根が峰の 苔蓆(こけむしろ) 誰か織りけむ 経緯(たてぬき)無しに」
と詠まれています。

この吉野山最高峰の青根ヶ峰で、自愛メソッドInfinityを行い、スピリッツ参加者の皆さんの記憶を愛し、自分を愛することを深めるエネルギーを送らせていただきます。


(D)明神の滝
27明神の滝a
明神の滝
28明神の滝b


明神の滝は、後南朝哀史の舞台であるカクシ平へのハイキングコースの途中にあります。
滝口から滝壷まで、さえぎるものがない落差約50メートルの直瀑です。
岸壁より勢いよく流れ落ちる水が放つ飛沫が心地よく、気分爽快です。
清らかな飛沫浴をたっぷりと堪能してください。

この明神の滝で、マイナスイオンをたっぶり浴びながら、自愛メディテーションを行い、スピリッツ参加者の皆さんの記憶を愛し、自分を愛することを深めるエネルギーを送らせていただきます。


(E)蝙蝠の窟(こうもりのいわや)
29探検

30洞窟で休憩


ここは、修験道の始祖である「役行者」が、1300年前の飛鳥時代に大峰山開山のみぎり、この洞窟を仮の住まいとして、修行をした神聖な場所と言われています。

崖をよじ登り洞窟に入り、内部でろうそくを灯して探検をいたします。
なお、現在は、蝙蝠はいません。

この蝙蝠の窟で、自愛メディテーションを行い、スピリッツ参加者の皆さんの記憶を愛し、自分を愛することを深めるエネルギーを送らせていただきます。



以上5ヶ所の中からご希望の場所をお選びになり、お申し込みください。

奥吉野の各聖地の“光のシャワー”があなたの上に降り注ぎ、自分を愛することを深めることが出来るでしょう!



※なお、シャスタ、ハワイ島のスピリッツ参加者の体験談は、こちらをご覧ください。
【シャスタスピリッツ参加体験談】
http://luckyfortune.blog89.fc2.com/blog-entry-536.html
【ハワイ島スピリッツ参加意見談】
http://luckyfortune.blog89.fc2.com/blog-entry-560.html



【お申し込み受付日時】
4月3日(土)午前10時まで

【スピリッツ参加費用】
1ヶ所ご希望のかた・・・・9,800円(ご希望の場所を備考欄にご記入ください)
3ヶ所ご希望のかた・・・24,800円(ご希望の3つの場所を備考欄にご記入ください)
5ヶ所ご希望のかた・・・39,800円(「すべて」と備考欄にご記入ください)

【お申し込み】
(パソコンからのお申込み)
http://www.nb-labo.co.jp/tour/spirits20160403.html

(携帯からのお申込み)
http://www.nb-labo.co.jp/m/s/e-spirits20160403.html

【お問い合わせ】
株式会社ナチュラルボーン
〒160-0023
東京都新宿区西新宿4-15-1 西新宿パークハイツ803
TEL:03-6300-0135
FAX:03-6300-0136
MAIL:info@nb-labo.co.jp

【お振込み先】
横浜銀行 本店営業部
普通預金 1544204
株式会社ナチュラルボーン



応援お願いします
↓↓↓↓↓↓↓

哲学・思想ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ



■facebook「自愛メソッド公式ページ」
https://www.facebook.com/jiaimethod

■facebook「河合政実公式ページ」
http://www.facebook.com/tontonponopono

■メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001422630.html

■YouTube「自愛チャンネル」
http://qq2q.biz/lUKG

■Androidアプリ「自愛メソッド」(月額324円)
http://qq3q.biz/lUL6

■ツイッタ―
https://twitter.com/tontonponopono

■自愛塾スケジュール
http://bit.ly/1dhKN5V


■「【自愛塾】自分を愛する自愛メソッド」トップページに戻る■
2016.01.02 / Top↑