ゴータマ・ブッダ釈迦が悟りを開いた2500年前の瞑想方法を現代に受け継ぐと言われている「ヴィッパサナ-瞑想法」というものがあります。


運気を一気に上昇させる『究極の瞑想だと思いますので、おススメいたします。



■10日間コースのスケジュール

04:00 am ~        起床
04:00 am ~ 06:30 am: ホールまたは自分の部屋で瞑想
06:30 am ~ 08:00 am: 朝食
08:00 am ~ 09:00 am: ホールにてグループ瞑想
09:00 am ~ 11:00 am: ホールまたは自分の部屋で瞑想
11:00 am ~ 12:00 pm: 昼食
12:00 pm ~ 01:00 pm: 休憩
01:00 pm ~ 02:30 pm: ホールまたは自分の部屋で瞑想
02:30 pm ~ 03:30 pm: ホールにてグループ瞑想
03:30 pm ~ 05:00 pm: ホールまたは自分の部屋で瞑想
05:00 pm ~ 06:00 pm: ティータイム
06:00 pm ~ 07:00 pm: ホールにてグループ瞑想
07:00 pm ~ 08:30 pm: 講話
08:30 pm ~ 09:00 pm: ホールにてグループ瞑想
09:00 pm ~ 09:30 pm: ホールにて質疑応答
09:30 pm ~        就寝

食事は1日2回のみ・・・それも完全な菜食主義です! タバコ・アルコールはもちろん一切禁止です。

11日間外部との連絡は一切できず、参加者同士でも一切の会話をしてはなりません。視線をあわせることも禁止されています。もちろん、パソコン・携帯の持ち込みも不可なうえ、雑誌・本の類も禁止です。



■参加費無料

費用は、宿泊費食費を含めすべて無料ですが、お布施をいくらか寄進することは自由となっています。なかには1円もおいていかない方もいるそうですが、あくまでも寄進は自由意志です。

また、運営は瞑想指導者も含めてすべてボランティアで行われています。



■究極の瞑想

ヴィッパサナ-瞑想」は、今までに自分が参加したセミナー・研修のすべてをはるかに超えていました!

一言で言うと、「ヴィッパサナ-瞑想」は、物事をあるがままに観ることを行う瞑想法です。そして「精神」と「現実」の境にある自己の観察によって、自己浄化と「真理」の道を悟る方法です。

具体的には、まず精神を集中するために自然な息を観察することからはじめます。そして意識を鋭く研ぎ澄ませ、つぎに心と体に起こっている変化を観察していきます。この自己観察を通じて、無常(すべてのものはうつり変るということ)、苦悩、無我(不変の自我という存在がないこと)という真理を「実際に体験」します。

「実際に体験する」・・・ここがヴィッパサナ-の凄いところです!!
(しかも、恐ろしいほど単純な瞑想方法を使って・・・)

今までに、私は、真理を説くさまざまなセミナー・研修・宗教の教えを受けてきましたが、それを実際に「体験」させてくれたのは、ヴィッパサナ-だけでした・・・

もう少し易しく言うと、例えば「源は我にあり」「責任をとる」という言葉の意味は、確かに理解し実践しているつもりでしたが、それを実際に「体験」することができたのです。

イエス・キリストの「右の頬を打たれたら左の頬を出しなさい!」という教えが素晴らしいということは以前から知っていますし、そうできたらいいなあ・・・と思っていましたが、その意味を初めて「体験」し、納得することができました。

セミナーや宗教の教えが真理の道を教えてくれるのなら、ヴィパッサナーは教えるだけではなく、それを実際に体験させてくれるのです!

人間の潜在意識のなかにある心の汚濁を、表層だけの浄化に留まらず、根底から実際に浄化してくれるのです。(浄化する方法を示すだけではありません!)

11日間を終えた朝、「ああ! ヴィッパサナ-になんでもっと早く出会っていなかったのだろう・・・」と思いました。

なぜなら、過去何ヶ月にも渡って抱えていたすべての問題を完全に解決することができたからなのです。



■私の究極の体験

最終日に近くなった頃のことです。

自分の全身が光り輝く泡のようなものに包まれていることを体感しました。人間が波動に包まれていることを感じることができたのです。

また、お腹の中から何度もゴツゴツした固い岩のようなものが現れ、それを観察しているとシューと消えていきました。 指導の先生がおっしゃるには「あなたのカルマが消えていく瞬間」とのことでした。

精神と物質が交差するところがあることを体感することができたのです。
その時の衝撃は今も忘れません。

なお、ヴィッパサナーの体験には個人差があり、私のような体験ができる保証はありません。



ブッダ釈迦)が説いたのは「宗教」ではない

ゴータマ・ブッダ釈迦が説いたのは、誰もが到達できるシンプルな悟りの方法・・・つまりヴィッパサナ-による自然の真理の法なのに、いつしかそれは、時が経つに連れて、宗教へと変化していってしまいました。特に、中国・朝鮮・日本には大乗仏教として、さらに変形して伝来してしまったのです。

ブッダが最も恐れたのが、自分が説いた「自然の真理の法(ダンマ)」が宗教となることでした。

実は、ヴィパッサナーはインドにおける最も古い瞑想法の一つで、2500年前にブッダによって再発見されました。

ところがブッダの時代から5世紀後には、貴重な遺産であるヴィパッサナーの教えはインドで失われ、同様に、他の国々でも教えの純粋さは失われました。ただミャンマーにおいては、師から弟子への直伝という形で純粋な形を保ったまま、2000年以上の間守られてきたと伝えられています。

近年になって、ミャンマーで伝え教えられてきたそのヴィパッサナー瞑想法が、S.N.ゴエンカ氏により、インドをはじめ80以上の国の人々に紹介されることになり、日本にも20年前に上陸いたしました。(ところが、大変不思議なことに日本ではまだまだ知られていないのです!)



※『引き寄せの法則』研究会
http://mixi.bz/cs7

■「【自愛の法則】幸せは自分の手のなかにある」トップページに戻る■
スポンサーサイト
2008.03.27 / Top↑
ゴータマ・ブッダ(釈迦)が悟りを開いた2500年前の瞑想方法を現代に受け継ぐと言われている「ヴィッパサナ-瞑想法」というものがあります。


運気を一気に上昇させる『究極の瞑想』だと思いますので、おススメいたします。




■10日間コースのスケジュール

04:00 am ~        起床
04:00 am ~ 06:30 am: ホールまたは自分の部屋で瞑想
06:30 am ~ 08:00 am: 朝食
08:00 am ~ 09:00 am: ホールにてグループ瞑想
09:00 am ~ 11:00 am: ホールまたは自分の部屋で瞑想
11:00 am ~ 12:00 pm: 昼食
12:00 pm ~ 01:00 pm: 休憩
01:00 pm ~ 02:30 pm: ホールまたは自分の部屋で瞑想
02:30 pm ~ 03:30 pm: ホールにてグループ瞑想
03:30 pm ~ 05:00 pm: ホールまたは自分の部屋で瞑想
05:00 pm ~ 06:00 pm: ティータイム
06:00 pm ~ 07:00 pm: ホールにてグループ瞑想
07:00 pm ~ 08:30 pm: 講話
08:30 pm ~ 09:00 pm: ホールにてグループ瞑想
09:00 pm ~ 09:30 pm: ホールにて質疑応答
09:30 pm ~        就寝

食事は1日2回のみ・・・それも完全な菜食主義です! タバコ・アルコールはもちろん一切禁止です。

11日間外部との連絡は一切できず、参加者同士でも一切の会話をしてはなりません。視線をあわせることも禁止されています。もちろん、パソコン・携帯の持ち込みも不可なうえ、雑誌・本の類も禁止です。



■参加費無料

費用は、宿泊費食費を含めすべて無料ですが、お布施をいくらか寄進することは自由となっています。なかには1円もおいていかない方もいるそうですが、あくまでも寄進は自由意志です。

また、運営は瞑想指導者も含めてすべてボランティアで行われています。



■究極の瞑想

「ヴィッパサナ-瞑想」は、今までに自分が参加したセミナー・研修のすべてをはるかに超えていました!

一言で言うと、「ヴィッパサナ-瞑想」は、物事をあるがままに観ることを行う瞑想法です。そして「精神」と「現実」の境にある自己の観察によって、自己浄化と「真理」の道を悟る方法です。

具体的には、まず精神を集中するために自然な息を観察することからはじめます。そして意識を鋭く研ぎ澄ませ、つぎに心と体に起こっている変化を観察していきます。この自己観察を通じて、無常(すべてのものはうつり変るということ)、苦悩、無我(不変の自我という存在がないこと)という真理を「実際に体験」します。

「実際に体験する」・・・ここがヴィッパサナ-の凄いところです!!
(しかも、恐ろしいほど単純な瞑想方法を使って・・・)

今までに、私は、真理を説くさまざまなセミナー・研修・宗教の教えを受けてきましたが、それを実際に「体験」させてくれたのは、ヴィッパサナ-だけでした・・・

もう少し易しく言うと、例えば「源は我にあり」「責任をとる」という言葉の意味は、確かに理解し実践しているつもりでしたが、それを実際に「体験」することができたのです。

イエス・キリストの「右の頬を打たれたら左の頬を出しなさい!」という教えが素晴らしいということは以前から知っていますし、そうできたらいいなあ・・・と思っていましたが、その意味を初めて「体験」し、納得することができました。

セミナーや宗教の教えが真理の道を教えてくれるのなら、ヴィパッサナーは教えるだけではなく、それを実際に体験させてくれるのです!

人間の潜在意識のなかにある心の汚濁を、表層だけの浄化に留まらず、根底から実際に浄化してくれるのです。(浄化する方法を示すだけではありません!)

11日間を終えた朝、「ああ! ヴィッパサナ-になんでもっと早く出会っていなかったのだろう・・・」と思いました。

なぜなら、過去何ヶ月にも渡って抱えていたすべての問題を完全に解決することができたからなのです。



■私の究極の体験
最終日に近くなった頃のことです。

自分の全身が光り輝く泡のようなものに包まれていることを体感しました。人間が波動に包まれていることを感じることができたのです。

また、お腹の中から何度もゴツゴツした固い岩のようなものが現れ、それを観察しているとシューと消えていきました。 指導の先生がおっしゃるには「あなたのカルマが消えていく瞬間」とのことでした。

精神と物質が交差するところがあることを体感することができたのです。
その時の衝撃は今も忘れません。

なお、ヴィッパサナーの体験には個人差があり、私のような体験ができる保証はありません。



■ブッダ(釈迦)が説いたのは「宗教」ではない

ゴータマ・ブッダ(釈迦)が説いたのは、誰もが到達できるシンプルな悟りの方法・・・つまりヴィッパサナ-による自然の真理の法なのに、いつしかそれは、時が経つに連れて、宗教へと変化していってしまいました。特に、中国・朝鮮・日本には大乗仏教として、さらに変形して伝来してしまったのです。

ブッダが最も恐れたのが、自分が説いた「自然の真理の法(ダンマ)」が宗教となることでした。

実は、ヴィパッサナーはインドにおける最も古い瞑想法の一つで、2500年前にブッダによって再発見されました。

ところがブッダの時代から5世紀後には、貴重な遺産であるヴィパッサナーの教えはインドで失われ、同様に、他の国々でも教えの純粋さは失われました。ただミャンマーにおいては、師から弟子への直伝という形で純粋な形を保ったまま、2000年以上の間守られてきたと伝えられています。

近年になって、ミャンマーで伝え教えられてきたそのヴィパッサナー瞑想法が、S.N.ゴエンカ氏により、インドをはじめ80以上の国の人々に紹介されることになり、日本にも20年前に上陸いたしました。(ところが、大変不思議なことに日本ではまだまだ知られていないのです!)



2007.01.15 / Top↑