人生を成功せる最大の秘訣は自分を愛すること=自愛なのです。
自愛メソッドは、自分を愛することで人生を成功に導くメソッドです。


我慢しても、我慢しても、幸せになれないのはなぜでしょうか。
頑張っても、頑張っても、成功しないのはなぜでしょうか。

「わたしさえ我慢すればいい」「わたしは頑張らなくなてはならない」と思うことは、自分の人生にわざわざ不幸と困難を呼び寄せていることにお気づきでしょうか。

献身的な犠牲者である限り、あなたは犠牲者であり続けます。
頑張り続ければ続けるほど、あなたの人生には頑張らなければならないことが起きます。
つまり、自分を後回しにする、遠回りの人生が続くのです。

無意識に自分を後回しにしてしまう犠牲者から脱出するには、頑張らなければならない遠回りの人生から脱出するには、我慢すること、頑張ることを止めることなのです。

そのいらない我慢する記憶、頑張る記憶を徹底的に消去するのがこの『自分ファーストセミナー』なのです。
セミナーの翌日から心の足枷がはずれ、人生の歩みが劇的に軽くなることでしょう。


「自分ファーストセミナー」に参加されたみなさまからの、喜びの体験談をご紹介します。


夏休み


これも自愛の自分ファースト効果?
~何十年ぶりかの夏休み~

 「自分ファーストセミナー」に参加した
翌週のこと。左膝が痛みだした。
あまりにも痛いので整形外科に行った。
「変形性膝関節症」と診断された。
かなり膝に負担(ストレス)がかかっていたらしい。

さて、僕は某大手の機械メーカーに勤めている。
現場は製造ライン。簡単に言えば流れ作業をしている。
で、僕の業務の内容は
「ラインのあちこちでトラブルが発生した時にそれを迅速に処理する事」と
「誰かが休んだ時にその代わりにそこで仕事すること。」
なので「全ての業務内容を把握しておかないといけない」

   「なんでもできないといけない。」

なので「けっこうたいへん」というより面倒くさい(^^)

それはさておき、膝が痛いのでトラブルがおきても迅速な対応ができなくなり、休んだ人の代わりに入るのもできなくなった。
俗にいう「役立たず」(笑い)

さて以前の僕であれば「無理やり痛みを止めてでも仕事してた」と思う。
「役立つ男」と思われたかったから。
頑張って 我慢して 無理をして。

だがすでに「ドМのド変態の趣味」は終わりにした。
役に立つとか立たないとか関係ない。
今、ここに存在している。もうそれだけで
完璧なんだということを覚った今では。

というわけで、
上司には「俺、無理やから」と言ってみた。
(以前の僕ならば死んでも言わなかったことや)
そしたら比較的軽い業務にしてくれた。
で、しばらくは楽させてもらった。

で、さらにもう一つ、おもしろい展開になった。
会社のストレス診断に引っかかっていると連絡があった。
かなりのストレスがかかっているということで
会社専属のカウンセラーと面談をさせられた。
「うつ病の可能性あり」と言われた。
で、心療内科を紹介してもらった。
医師による診断結果は
「典型的なうつ」「二か月間は休むように」と言われた。
で、今週から休んでいる。

日本のサラリーマンで休み二か月?
有給を1日取るのも大変だったのに(笑)
時期も時期で「夏休みやないか、これ」と
その時思った。

まあそれはさておき
今回「自分の身に起きた事」を客観的に観察してみる。
やはり今まで僕はかなり「頑張っていた」のだな。
心も体も悲鳴をあげていたのに。
そして、その悲鳴を押さえつけて、
聞こえないふりをしてたんやな。
「我慢しろよ、俺」と蓋してたんや。

で、自分ファースト効果で今まで「頑張って我慢して」
誤魔化してきたことが全部噴出したのが
今回の出来事だったと。

ああ、ごめんな俺。
何十年ぶりかの夏休み。
ゆっくりしてな。
そしてもっと繋がろうな。
俺自身と。
では では。
 
(Kさん)


自分ファースト体験談2


6月10日福岡で自分ファーストセミナーを受けました。

とんとんさんと出逢い、記憶がだいぶ癒されて生きやすくなりましたが、恋愛でいつも最後の一歩が踏み出せないでいました。

いいところまで行くのですが、最後に自分で恋愛をぶち壊してしまうのです。
その理由がいつもわかりませんでした。

私は両親が小さいころから仲が良くありません。でも、私は実家暮らしをしています。

実家を出たいと思いながらも、出ようとしない自分が嫌だったりします。
とんとんさんと出逢って気づいてはいるけど、行動にうつせないのです。

そして、衝撃の午後のワーク。

両親の結婚生活が幸せだったことに気づいたのです。

それは驚愕的な出来事でした。子どもの様にワンワン大泣きしました。心の奥の奥から喜びの様ななんとも言えない感情が沸き上がってきました。

そして、気づいたのです。

両親が幸せでないのに、わたしが幸せになってはいけない、と思っていたことを。

だから、実家にいて両親を幸せにしようとして離れなかったのです。

満足! 満たされる! お腹いっぱい。私の為のセミナーなの⁉️って思わしてくれるくらいでした。

わたしは、不幸せな両親を何とかしたいと、両親の為に生きてきました。
しかしそれは私の勘違いだったようです。

両親は愛し合い思いやり生きやすいように生きてるんです。両親は幸せなんです。

これから、私は自分ファーストで幸せに生きます。

もちろん、恋愛も成就させます。

(Nさん)



自分ファースト


ドMの変態の世界を楽しんでいただけやった・・・

先週の土曜日に夫婦揃って
「自分ファーストセミナー」に参加してみた。
 
自愛の講演会や、とんとんさんのセミナーには
結構参加している僕。
 
「かなり記憶は光に還っているはず」
なのだが、最近、職場にて最も嫌いな
「がんばる(努力)」「我慢する(耐える)」
「多忙」「他人の面倒をみる」
「今の自分に満足せず”レベルアップ!」
ということを求められることが増えてきて・・・。
「なんでやねん」「なんなん」と思う毎日が(--)
  
そしたら「自愛創始者」の「とんとんさん」ですら
そう、「とんとんさん」ですら~~~
最近になって
「まだまだ、さまざまな記憶を抱えてました」
という投稿をよくされて(^^)
  
ならばこの僕もまだまだ「抱えてるはず」
「よし、行ってみよう」
これが参加の理由。
 
その日はとてもよい天気。
澄み切った青空の下
海と山に恵まれた神戸という町
その神戸の建物の一室にて行われたこのセミナー。
 
そこで剥がれた僕の記憶。
今までのセミナーでも剥がれなかった、
いや
剥がしたくなかったんだろうな、僕。
認めたくなかった記憶。
 
その記憶は
「大好きだった母を”かわいそうな人”にしていた」
「母さんを被害者にしていた」
「母さんを喜ばせてあげないといけない」
「なぜなら”かわいそう”だから」
 
親父とはよくケンカした。
その時にはけっこうキツイこと言った。
もちろん、おかんともケンカはした。
だが、親父には言えたキツイ言葉が
おかんには言えなかった
  
なんで?
「かわいそうな人やから」
 
おかんはほんとは裕福な許嫁がおった。
ところがその人ではなく親父と結ばれた
親父はすごい貧乏だった。
 
親父は「おかんと結ばれて裕福になった」と
言ってたな、よく。
 
でも、おかんからは聞いたことがない
「お父さんと結ばれて、あたしは幸福や」
聞いた覚えがない。この言葉
 
「おかんは不幸な人や、かわいそうや」
そんな記憶が生まれていた。
そしてそれを大事に抱えていた。
 
ええ!!「俺、おかんを不幸な人にしてたんか!!」
 
今まで頑張って、我慢して
ごまかしていたこの記憶
見えたもうた。認めなあかんようになった。
  
「他人の面倒を見る」
おかん、好きやったもんな。面倒みるの。
面倒みたら喜んでくれる 真似してるね、俺
  
ああ、親の記憶ってほんと大きいな
このセミナー すげぇ


(Kさん)



■自愛メソッドとは?
http://www.sharedmemo.com/jiaimethod/
※「自分を愛するための11の方法」小冊子プレゼントつき!!




応援お願いします
↓↓↓↓↓↓↓

哲学・思想ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ


■アメブロ「【自愛メソッド】自分を愛する教科書」
http://ameblo.jp/jiaimethod/

■facebook「自分を愛する教科書公式ページ」
https://www.facebook.com/kyokasho

■facebook「自愛メソッド公式ページ」
https://www.facebook.com/jiaimethod

■facebook「河合政実公式ページ」
https://www.facebook.com/jiaimethod1111

■メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001422630.html

■YouTube「自愛チャンネル」
http://qq2q.biz/lUKG

■Androidアプリ「自愛メソッド」(月額324円)
http://qq3q.biz/lUL6

■ツイッタ―
https://twitter.com/tontonponopono

■(株)ナチュラルボーン公式HP
http://www.nb-labo.co.jp/

■自愛塾スケジュール
http://bit.ly/1dhKN5V

■「自分を愛するとなぜ人生はうまくいくのか」トップページに戻る■
スポンサーサイト
2017.07.05 / Top↑