hicks.jpg


ヒックス夫妻の引き寄せの法則エイブラハムとの対話~」を読んだ時、物凄い衝撃を受けました。

しかし「実践引き寄せの法則~感情に従って“幸せの川”を下ろう」読んでさらに衝撃を受けたのです。(私の評価:☆☆☆☆☆☆)

ザ・シークレットのDVDを観て、この2冊を読めば引き寄せの法則を現状ではマスターしたと言ってもいいのではないでしょうか。


本書の最初の部分はやや難解なので眠くなるかもしれません。しかし、そこを耐えて進み、家庭の問題、人間関係の悩み、パートナーとの関係、ビジネス、お金のこと、果てはペットやダイエットなどをテーマにした33の実践例を読み始めると、自分自身が自然とシフトして行くのを感じます。

読むに連れてそのスピードは速まり、「他人をコントロールして生きる人生」、つまり幸せを他人に依存する人生から、「自分の感情をコントロールして生きる人生」、つまり幸せを自分の中に見出す人生へとシフトして行くことでしょう。

そして「人生を創るのは行動でなく思考である」というエイブラハムの教えが理解できるようになります。


圧巻は最後のまとめの章です。

「頑張る必要はない」「手放せばいい」「ほっとする考えを選ぶ」ことの大切さ。そして結論はなんと「流されていけば夢がかなう」ということなのです。


今での成功哲学の教えはなんだったのかと思えるような衝撃でした。
読んでからずっと至福感が続いています。

きっとみなさんの人生をブレークスルーさせる本となることでしょう


なお、「引き寄せの法則エイブラハムとの対話」を読まれてから本書をお読みになることをおススメいたします。


※エスター・ヒックスプロフィール
http://thesecret21.blog121.fc2.com/blog-entry-7.html





※『引き寄せの法則』研究会
http://mixi.bz/cs7

■「【自愛の法則】幸せは自分の手のなかにある」トップページに戻る■
スポンサーサイト
2008.04.21 / Top↑
ジョー・ヴィターレ


ザ・シークレット』のメイン出演者であるジョー・ヴィターレ(ジョー・ビタリーが旧著である『スピリチュアル・マーケティング』を増補・改定したものです。(私の評価:すでに『スピリチュアル・マーケティング』を読まれた方☆☆☆/読んでいない方☆☆☆☆☆)


基本的は『スピリチュアル・マーケティング』の内容とあまり変わらないと思いますが、「ザ・シークレット」が登場してからの翻訳なので、非常に読みやすくなっているのも事実です。


元ホームレスだったジョー・ヴィターレは、「宇宙スイッチ(スピリチュアル・マーケティング)」を使って、現在の地位と生活をすべてを実現した人です。


ジョー・ヴィターレは、成功を導く“宇宙スイッチ”には以下の5つのステップが必要だと説いています。

1)「自分が望んでいないこと」は何かを知る
2)「自分が望んでいること」は何かを知る
3)「自分の意思」をはっきりさせる
4)「すでに望みはかなった」と感じる
5)宇宙にすべてをゆだねる


ジョー・ヴィターレは「望みをかなえるために、一番難しいことはなんですか?」という友人の質問に次のように答えたそうです。

「どうすれば自分の願いがかなえられるか、なんて考えないことだよ」


是非“宇宙スイッチ”を試してみてください。

あなたの人生がきっと変わります。






※『引き寄せの法則』研究会
http://mixi.bz/cs7

■「【自愛の法則】幸せは自分の手のなかにある」トップページに戻る■
2008.04.02 / Top↑
wwattles.jpg
(著者のウォレス・ワトルズ)


1910年に出版された伝説の「引き寄せの法則」の本。 (私の評価:☆☆☆☆)

ロンダ・バーン「ザ・シークレット」を創るきっかけとなった本として、ウィリアム・アトキンソンの「引き寄せの法則」、チャールズ・ハアネルの「ザ・マスター・キー」などが取り沙汰されていますが、「ザ・シークレット」の翻訳者の山川夫妻は、この本がその本であると訳者あとがきで述べています。

特に、本書は「引き寄せの法則」全般でなく「富を引き寄せる」分野を専門的に説いています。破産寸前だったロンダ・バーンを救い、「ザ・シークレット」の原点となったとしてもおかしくはないと思います。


さて、内容ですが、何度も何度も同じことを繰り返し説きながら、読者の心に「引き寄せの法則」を強くインプットしようという意図が感じられます。さらには、最後に確認テストのようなものもあり、確かに「科学の法則」を意識して書かれたものだと感じました。

また、随所に聖書の引用があり、本書の正しさを側面から証明しようとしていますが、これは当時の時代背景を考えれば仕方のないことだと思います。

それよりも敢えて発言をするとすれば、キリストが説いていたのも実は「引き寄せの法則」だったと考えるべきなのかもしれません。「求めよ、さらば与えられん」「富めるものはますます富み、貧しきものはますます貧しく」などの聖書の言葉は「引き寄せの法則」そのものと言ってもいいのではないでしょうか。

内容としては、すでに紹介されている「引き寄せの法則」の関連書と比較しても目新しいところはありませんが、100年前に出されていたことを高く評価したいと思います。






※『引き寄せの法則』研究会
http://mixi.bz/cs7

■「【自愛の法則】幸せは自分の手のなかにある」トップページに戻る■
2008.03.21 / Top↑
joe-speaking-nsa07-t.jpg
ジョー・ビタリー(ジョー・ヴィターレ)


ザ・シークレットが火付け役となり、「引き寄せの法則」の関連本が続々とベストセラーとなっていますが、ジョー・ビタリーの『ザ・キー』はザ・シークレットを読んで、疑問点がたくさん浮かんでいる人には最高の贈り物となることでしょう。 (私の評価:☆☆☆☆☆)


著者のジョー・ビタリー(ジョー・ヴィターレ)は、『ザ・シークレット』のメインの登場人物の一人ですが、彼自身『ザ・シークレット』がベストセラーとなった後に寄せられた様々な質問や批判に対しての答えとして本書を書いたと述べています。


現在私自身「引き寄せの法則」の関連本の執筆をしているところですが、本書の登場でかなりの部分が重複するので、軌道修正をすることになってしまいました。

私にとっては、出版されては困る内容の本でした。つまり、それだけ評価できる内容の詰まった本なのです。


ネガティブ思考との付き合い方、無意識の信じ込みをどう解消するかという『ザ・シークレット』後に必要な重要なキーが含まれている実践書です。

すべてがジョー・ビタリー自身が考えたメソッドではないにしろ、現在の心理学で使われている様々なメソッドを27も紹介してくれていて、いわば「引き寄せの法則」の完全攻略本的な本となっています。


ザ・シークレット』を読んで「引き寄せの法則」に目覚めた人にとっては、『ザ・シークレット』の疑問点をすべて回答してくれる、まさに夢の本だと思います。







※『引き寄せの法則』研究会
http://mixi.bz/cs7


■「【自愛の法則】幸せは自分の手のなかにある」トップページに戻る■
2008.03.16 / Top↑
aboutjohn.jpg
ジョン・ディマティーニ博士


『ザ・シークレット』の登場人物であるジョン・ディマティーニ博士の本邦初の著書です。(私の評価☆☆☆☆☆)


ジョン・ディマティーニは、ボブ・プロクタージョー・ビタリー(ジョー・ヴィターレ)のような『ザ・シークレット』のメイン登場者ではないので、実はさほど期待せず読ませていただきましたが、本書の内容は期待を遥かに上回るものでした。


原題の“How To Make One Hell Of A Profit And Still Get To Heaven”は直訳すると「地獄のように儲けても天国に行ける方法」となりますが、ジョン・ディマティーニの実体験に基づいて、「引き寄せの法則」を使ったお金持ちになる方法をわかりやすく説いています。


体験談の中に、超高層ビルの52階に診療所を構えたジョン・ディマティーニが、1階からエレベーターに乗ってくる人たちを相手に28秒間のセミナーをして顧客を開拓した話があるのですが、半ば笑いながら読みながらも、ディマティーニの自由な発想とガッツに驚嘆し、博士というよりも最高のセールスマンという称号がふさわしい人だと感じ入りました。


また、理論の上では、毎日少しずつでもいいから貯金をすることを奨励していますが、それがなぜ必要なのか「引き寄せの法則」の原理から説いているところがとても腑に落ちました。ロバート・アレン「実践億万長者入門」でも同じことを説いているのですが、精神の側面からその意味の重要性が初めて理解することができました。


そして、各章の最初にある役に立つ「アファーメーション」や各章の最後にある非常に奥が深い「エクササイズ」もあって、非常に内容の濃い1冊の本となっています。


引き寄せの法則マネー編」最高の実践書として、是非おススメしたい本です。








※『引き寄せの法則』研究会
http://mixi.bz/cs7


■「【自愛の法則】幸せは自分の手のなかにある」トップページに戻る■
2008.03.14 / Top↑
Haanel_Portrait.jpg

1917年に出版され、当時としては異例の20万部を売上げ、ナポレオン・ヒルデル・カーネギーにも影響を与えたといわれる『引き寄せの法則』の古典です。(私の評価☆☆☆)


著者のチャールズ・ハアネルは、その後多数の自己啓発の本を書きましたが、教会がキリスト教の教えにそぐわないという判断を下したことからその著作は発禁処分となり、70年近く歴史の表舞台から姿を消すことになりました。


そして70年後ビル・ゲイツがハーバード大学在学中に本書を読んで起業を決心したと言われたことから、チャールズ・ハアネルは再評価され、著作が復刊され始めました。


さて、本書は、内容的には現在販売されている『引き寄せの法則』関連図書とほとんど変わりません。

それよりも、ロンダ・バーン『ザ・シークレット』の中で最も多く引用している本ということで、現在注目を集めている本であると言った方がいいのではないかと思います。

そしてもうひとつの特徴は、24週間に渡る精神のトレーニングをしながら少しずつ実践して行くという通信講座の形をとっている点です。

ただし、学術的な言葉が多く、文章も固いので、読み進めるのはかなり根気がいるのではないかと思います。(90年前の本であるから仕方がないことなのですが・・・)


『引き寄せの法則』の歴史を創った本としての価値は高く評価いたしますが、本の内容そのものについては、読みやすさという点からも厳しいものがあると思います。


いずれにせよ、本書が約70年間発禁となっていたことが人類の心の進歩を妨げていたことは間違いないものと思われます。







※『引き寄せの法則』研究会
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2793619


■「【自愛の法則】幸せは自分の手のなかにある」トップページに戻る■
2007.12.15 / Top↑
William_Walker_Atkinson.jpg


DVD『ザ・シークレット』の冒頭場面で、ロンダ・バーンが人生に挫折しかけていたときに、娘から送られて来た“100年前の秘密の本”を読んで救われるシーンがあります。そして、それがきっかけで実際にDVD『ザ・シークレット』が創られたわけですが、その“秘密の本”がウィリアム・アトキンソンの名著『引き寄せの法則~すべての願いが現実になる』なのです。


作者ウィリアム・アトキンソンは、『引き寄せの法則』を、本として世界で初めて表わし、以来100年にわたって多くの思想家(日本では中村天風など)に影響を与え、多くの人々の人生を変えて来ました。

そして今回『ザ・シークレット』が誕生し、『引き寄せの法則』はさらなる昇華を果たします。


ウィリアム・アトキンソンは、『引き寄せの法則』を働かすために必要な“心”をいかに形成し、維持するかについて特に強調して本書を書いています。


すなわち、心の改造、意志の力、恐怖の駆逐、消極性の排除、集中する力、生命力の注入、感情のコントロール、高い志などです。


人によっては説教を受けているような感じを受けるかもしれませんが、100年前の時代背景を考えれば大変よく出来た本であると言えるでしょう。


最初に『引き寄せの法則』を世に送り出したウィリアム・アトキンソンの功績に敬意を表し、☆☆☆☆☆の評価をさせていただきます。







※『引き寄せの法則』研究会
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2793619


■「【自愛の法則】幸せは自分の手のなかにある」トップページに戻る■
2007.11.24 / Top↑
joe-speaking-nsa07-t.jpg


『ザ・シークレット』のメイン出演者であるジョー・ヴィターレの名著です。(私の評価☆☆☆☆☆)


「スピリチュアル」「マーケティング」・・・どう考えても相関することがないように考えてしまいますが、実は非常に密接な関係があるとジョー・ヴィターレは説いています。

すなわち“スピリチュアル”を利用した“マーケティング”のことなのです。


元ホームレスだったジョー・ヴィターレは、そのスピリチュアル・マーケティングを使って、現在の地位と生活をすべてを実現した人です。


ジョー・ヴィターレは、成功を導く“スピリチュアル・マーケティング”にはも以下の5つのステップが必要だと説いています。

1)自分の望んでいないことを知る
2)欲しいもの、したいこと、なりたいものを知る
3)意識を明晰にする
4)願望が成就したときの素晴らしい気分を味わう
5)流れに身を委ねる


最後にジョー・ヴィターレは、通常のマーケティングではあり得ない非常識な言葉で本書を締めくくっています。

「願いごとを叶えようとするときに一番難しいのは、どうすれば望みが叶うか、その方法を考えないようにすることだ」


是非“スピリチュアル・マーケティング”を試してみてください。

あなたの人生がきっと変わります。








※『引き寄せの法則』研究会
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2793619



■「【自愛の法則】幸せは自分の手のなかにある」トップページに戻る■
2007.11.19 / Top↑
hicks.jpg

ザ・シークレットの主要な出演者の一人で、宇宙の知的生命体“エイブラハム”の教えを啓蒙しているエスター&ジュエリー・ヒックス夫妻が書いた『引き寄せの法則~エイブラハムとの対話~』を読みました。(私の評価:☆☆☆☆☆)(なお、エスター・ヒックスはザ・シークレットの本に登場しません)


原著のタイトルは、『ザ・シークレット』の中心理論のそのものずばりの"The law of attraction"(引き寄せの法則)です。


この本は、精神世界の知的生命体“エイブラハム”との対話とうう形式を通じて、非常に具体的に「引き寄せの法則」を理解し、実践する方法を説いています。


“エイブラハム”は願いを実現するには、4つのプロセスが必要だと説いています。

1)宇宙で最も強力な法則である『引き寄せの法則』を理解する
2)『意図的な創造の方法論』により感情のナビゲーションシステムを利用して自分の思考をプラスに保つ
3)願いと反対のことが起きてもそれを『許容』し、願いを『可能』にする
4)『節目ごとの意図確認』によって、1日を節目ごとに区分けして意図を明確にする


全体的に“エイブラハム”の話にはやや難解な部分もありますが、これ一冊で、あたかもセミナーを受けたような感覚になります。


『引き寄せの法則』をうまく実践できない、願いが実現しない、という方の答えが、すべてこの本の中で得られると思います。


『引き寄せの法則』を利用して、願いを実現したい人は、是非お読みください!! 


きっとあなたの人生が変わります!









■「【自愛の法則】幸せは自分の手のなかにある」トップページに戻る■
2007.11.03 / Top↑


スピリチュアルな観点から引き寄せの法則」を実践できる本です。(私の評価:☆☆☆☆☆)

やや宗教的な臭いがありますが、宇宙を自在に操ることができる素晴らしい内容の本です。

このブログを読んでいらっしゃる方なら抵抗なく読めると思います。


これ一冊でまるでセミナーを受けたかのような内容です。



誰でも夢をたくさんもっていると思います。


でも、ほとんどの人が「私には手が届かない」「どうせ無理」とか「できるわけがない」と思っているのではないでしょうか? 


しかし、ほんとうは夢というのはすべてかなうものなのです。


無理だと思いこんでいる自分が、かなわないようにしてしまっているだけなのです。


宇宙に上手にお願いすればなんでもかないます。そして上手にお願いするには方法があります。


そのポイントは以下の通りです。

1)「~である」形でお願いする
2)否定形は使わない
3)願いを書き出す
4)感謝の言葉を付け加える
5)「疑い」を捨てる
6)願ったことは忘れる


さあ、あなたもこの本を読んで望みを全部かなえましょう。






■「【自愛の法則】幸せは自分の手のなかにある」トップページに戻る■

2007.10.18 / Top↑